山里亮太&若林正恭『たりないふたり2020~春夏秋冬~秋』2週放送 フリップ芸で漫才に前進?

オリコン

 お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太、オードリーの若林正恭による『たりないふたり2020~春夏秋冬~秋』が、22日(後1:45)と29日(後0:45)の2週にわたって放送される。

【番組カット】今回はフリップ芸も…山里またも激しく後悔

 2010年1月から3月に日本テレビで放送され、ライブも行われた『潜在異色』のスピンオフ企画で始まった「たりないふたり」。人見知りで社交性・恋愛・社会性の“たりない”ふたりが、毎回さまざまなテーマを元に各々のたりない部分を暴露しあいながら、最後はそれらの恥部をすべて漫才に落とし込み披露していた。

 14年8月に開催した番組ライブ『たりふた SUMMER JAM '14 ―山里関節祭り―』以来、活動を休止していた2人だったが、19年の山里の結婚を受けて、1日限りでライブイベント『さよなら たりないふたり~みなとみらいであいましょう~』を開催。当初予定されていた舞台上での打ち合わせを若林がすっ飛ばし、約80分と20分、2本の即興漫才で会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

 今年9月に放送された「たりないふたり・夏」では、「冬に向けた漫才作り」の話し合いをするはずが、新婚・山里の赤裸々トーク全開に。妻・蒼井優とのエピソードを包み隠さずさらけ出し、その良妻ぶりに若林は「すげぇなぁ~!」と感心しながらも「これはもうプレイですよ。奥さんとんでもない変態だよ(笑)」と挑発。結局その勢いに押され、妻にバレたくない素顔まで明かすなど波乱の展開となったが、今回こそ“漫才づくり”に向けた話し合いはできるのか。

 今回の『秋』では、次の『冬』で漫才を披露するためにも「山里が若林より“下”になってしまった関係性から見つめ直さなければならない」と考え、山里が2人の出会いから現在までをフリップにまとめ、振り返っていく新しいスタイルに。山里のフリップからにじみ出る、若林への執着心にも近い熱い想いが連発する。しかし、若林からは想定外の反応があり、山里は「今思うと、やるんじゃなかったなあ…」と、今回も激しく後悔する内容に。はたして、漫才作りは進んだのか、2人のこれまでの関係性がわかるフリップ芸にも注目が集まる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング