『コロコロ』表紙デザイナー、ギネス世界記録認定 34年にわたって担当

オリコン

 コミック雑誌『コロコロコミック』の表紙デザインを1986年以降、34年間にわたって務めてきた佐々木多利爾(ささき・たりじ)氏が、同一の児童向け雑紙の表紙を最も長く担当したデザイナーとして、ギネス世界記録に認定された。

【写真】佐々木多利爾氏が表紙をデザインした『コロコロコミック』12月号書影

 佐々木氏は「惚れた仕事にず~っと心ときめく!ここまで34年間『コロコロコミック』の表紙デザインを続佐々木多利爾74年!この記録をどこまで伸ばせるか?惚(ぼ)けるまで続けていきたいと思います」とコメントを寄せた。

 同誌の秋本武秀編集長は「一体何人の読者が佐々木さんのデザインするコロコロの表紙に胸躍らせてきたでしょう。いや、読者だけではないですよね! 元読者や親御さん、家族達、書店員さん、ただの通りすがりの人々も。それぞれの目に映るデザインの価値は違えど、それが遊んでも遊びきれない夢や冒険、ワクワクへの扉であることを感じさせる!! コロコロの表紙デザインは、いくつになっても変わらない『少年の好奇心そのもの』です。ギネス世界記録認定おめでとうございます! これからも共に!!」と祝福した。

 『コロコロコミック』は1977年4月15日創刊。「ガッツな笑いとド迫力!!」をキャッチフレーズに、小学生男子の心に刺さる遊びのすべてを、漫画・記事・付録で立体的に叶えるコミック誌。小学生の流行を創り出すトップランナーとして、2017年に創刊40周年を迎えた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング