【鎌倉殿の13人】山本耕史、主人公の盟友・三浦義村役で出演決定「脚本が楽しみ」

オリコン

 2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第一次出演者発表の3日目となる18日、俳優の山本耕史(東京都出身)が、主人公・義時(小栗旬)の盟友・三浦義村(みうら・よしむら)役で出演することが明らかになった。大河ドラマは5回目の出演となる。

【画像】2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』相関図(11月17日時点)

 山本は「三浦義村と言う人物には全く印象はなく、逆にどんな三浦義村を作り上げて行くのが良いか、三谷さんの脚本が来るのを楽しみにしています。いつもそうですが、出来るだけ真っ白な状態で台本を読み、その時内側で感じた事を大切にしたいと思っています」と、決意表明。

 三谷氏作の大河ドラマ『新選組!』(2004年)で土方歳三役を演じた際は、本人の“写真”が残っていたことから、「最初は、それほどでもなかったのですが、次第に自分でも土方さんに似て行く感じは、不思議な体験でした」と、影響を受けたそう。しかし、今回演じる三浦義村は写真などあるはずもなく、「どんな雰囲気にキャラクターを造形していくのか、楽しみではあります。歴史の事実より、三谷さんの脚本が全てだと思い、演じてきました。そうする事で必ず視聴者の皆さんが楽しんでくださる確信があります」と、三谷氏へ全幅の信頼を寄せる。

 「また一からチームが組成される中で、自分の役割を果たします。良いエピソードを今後話せるように、フラットな自分でスタートラインに立ちたいと思います」と、撮影開始を心待ちにしている。

 『鎌倉殿の13人』では、16日からの5日間で第一次出演者発表を行い、小栗演じる北条義時を中心とした最初の相関図を完成させる、としている。これまでに発表されたキャストは以下のとおり。

【北条家】
北条義時…小栗旬
北条政子…小池栄子
北条宗時…片岡愛之助

【源氏】
大姫…南沙良
源行家…杉本哲太

【平家】
平清盛…松平健
平宗盛…小泉孝太郎

【坂東武士】
比企能員…佐藤二朗
畠山重忠…中川大志
安達盛長…野添義弘

■概要
 華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。義時は、どんなカードを切っていくのか──。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング