岡田准一、アクション制作参加で監督から“師範”呼び「教えるのがめちゃくちゃうまい」

オリコン

 人気グループ・V6の岡田准一が主演を務める映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021年2月5日公開)のメイキング写真が18日、解禁になった。

【動画】ジャッカル富岡”宮川大輔”がTikTokアカウントを開設

 原作は“今一番面白いマンガ”と称され、累計800万部を記録する同名のコミックス。岡田が演じるのは、天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋・通称“ファブル”。しかし、ボスから「誰も殺すな。普通に暮らせ」と命じられ、アキラという偽名で相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のふりをして暮らすことに。

 続編では、表向きはNPO団体「子供たちを危険から守る会」代表だが裏の顔をもち、前作の敵たちを上回る最恐の男としてファブルの前に立ちはだかる宇津帆(堤真一)が暗躍。すご腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と、弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐に燃える。一方、アキラは過去の事件で救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会し、想像もつかぬ大騒動へと発展していく。

 解禁されたのは、アクション制作としても初期段階から参加した岡田が、現場を引っ張る姿をとらえたメイキングカット。メガホンをとった江口カン監督は「アクションは岡田さんから多くを学びました。それを誇りとして、これからもいろんな作品を撮影していけるなと思っています。僕にとっての師匠ですね」と現場では“岡田師範”とも呼んでいたという。

 さらに「教えるのがめちゃくちゃうまいんですよ。見ていると自分もやりたくなるし、できるんじゃないか?って気になるんです。教えている様子そのものが面白いです」とアクション指導をした岡田の姿を明かす。

 また、ファブルが唯一感情をあらわにして爆笑した、スベリ芸を得意とするお笑い芸人・ジャッカル富岡(宮川大輔)のTikTokアカウントが、岡田の誕生日であるきょう18日にあわせて誕生。「フォロワーが1億人を突破したらドラマ主演が決まる」と豪語しているジャッカル富岡の挑戦もスタートした。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング