劇場版『仮面ライダーセイバー』主題歌にスカパラ&[Alexandros]川上 谷中敦が歌詞に込めた思い

オリコン

 9月6日からテレビ朝日系で始まった「仮面ライダー」シリーズ最新作『仮面ライダーセイバー』。12月18日に公開となる『劇場版 仮面ライダーセイバー』(仮)の主題歌が解禁となり、テレビシリーズに引き続き、東京スカパラダイスオーケストラと[Alexandros]の川上洋平が担当することとなった。

【写真】劇場版『ゼロワン』の主題歌を担当するJ×Takanori Nishikawa

 主題歌は、東京スカパラダイスオーケストラの書き下ろし楽曲「多重露光 feat.川上洋平」。作詞を担当したスカパラの谷中敦は「世界中が多大な変化を余儀なくされた本年だが、過去の歴史と今現在必死にひねり出す自分たちのはかない希望を、カメラでいうところの多重露光のように重ね合わせていくことで美しい未来を描きたい」という願いを込めたという。そして「ぜひ映画館で大ヴォリュームで聴いてくださいね。そして来るべきフルバージョンも楽しみにしていてください」と呼びかけている。

 また、同時公開される『劇場版 仮面ライダーゼロワン』(仮)の主題歌はJ×Takanori Nishikawaの「A.I. ∴ All Imagination」となる。

■東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦コメント
 世界中が本当に大変な思いをしている本年。人類は生きていく上で、多大な変化を余儀なくされました。来るべき未来も見えないまま、新たなフォーマットをつくらなければならない今、人類は自分たちを救うために、過去の歴史を大きく見渡すことも重要です。その過去と、今現在必死にひねり出す自分たちのはかない希望を、カメラでいうところの多重露光のように重ね合わせていけたら、美しい未来が描けはしないか?と思って書かせてもらったのが今回の歌詞です。ぜひ映画館で大ヴォリュームで聴いてくださいね。そして来るべきフルバージョンも楽しみにしていてください。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング