ジョイマン高木、舞台でいつもの面影なく自虐 もう中が絶妙な例え「若い頃の坂田利夫」

オリコン

 お笑いコンビ・ジョイマンの高木晋哉が18日、都内で行われた舞台『ハイスクール!奇面組3~危機一髪!修学旅行編~』公開ゲネプロに参加。“奇面組”の一員として、参加している高木だが、コンビでネタを披露する時の面影がまったくないことから「僕に関しては、誰かわからないでしょ」と自虐で笑いを誘った。

【全身ショット】ひざ丈スカートの可愛らしい舞台衣装で登場した和田まあや

 1982年4月から87年7月まで『週刊少年ジャンプ』で連載されたコミックが原作で、85年10月から87年9月にテレビアニメも放送。2017年6月に舞台の初演を迎え、今回が第3弾となる。

 高木の顔つきについて、共演のもう中学生が「若い頃の坂田利夫」と絶妙な例えを笑顔で披露。前作から得意のラップを見せる場面が少なくなってきていたことから、このまま次回は出演できないのではないかと危惧していたという高木だが、第3弾も晴れて続投。高木は「ありがとう、脳しんとう」とおなじみのリズムでギャグを披露するも、会場からは今ひとつな反応で、なだぎ武が「こんなに笑わなかった記者会見があっただろうか」と笑いながらツッコミを入れていた。

 取材会にはそのほか、平野良、寺山武志、井深克彦、乃木坂46の和田まあや、演出のなるせゆうせい氏も出席。同作は、18日から23日まで東京・赤坂の草月ホールで上演される。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング