【鎌倉殿の13人】金子大地、大河ドラマ初出演 第2代将軍・源頼家役

オリコン

 2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第一次出演者発表の4日目となる19日、俳優の金子大地(北海道出身)が、頼朝の嫡男で、第2代将軍・源頼家(みなもとのよりいえ)役で出演することが明らかになった。大河ドラマは初出演。

【画像】2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』相関図(11月18日時点)

 金子は「源頼朝という圧倒的な父を越えようと奮闘する第2代将軍源頼家を演じさせていただきます。鎌倉幕府を背負う重圧は並々ならぬものだと思いますが、頼家の激しい生涯を、彼がどんな思いで生きたのか楽しみにしていただきたいです! この役を演じさせていただけることをとても光栄に感じると共に大きな責任を感じています」と、コメント。

 2015年に俳優デビュー。18年『おっさんずラブ』(テレビ朝日)でイマドキのモンスター新入社員・マロを愛嬌たっぷりに演じ、人気キャラクターに成長させた金子。18年放送の『フェイクニュース』(NHK総合)では、父親のネット炎上に巻き込まれた大学生役でインパクトを残し、19年放送『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK総合)ではゲイ役を熱演。今年もドラマや映画で活躍を見せている中、大河ドラマ初出演が決まった。「大河ドラマはずっと目標にしていたので、誠心誠意、一生懸命撮影に挑みたいと思います」と、意気込んでいる。

 主演の小栗旬が演じる主人公・北条義時とは叔父・甥の関係。「小栗旬さんは男としても俳優としても憧れている俳優の1人です。僕は小栗旬さんを見て育ったと言っても過言ではないぐらいずっと見てきた方なので今回一緒にお芝居できることが光栄です」と、期待を膨らませている。

 『鎌倉殿の13人』では、16日からの5日間で第一次出演者発表を行い、小栗旬演じる北条義時を中心とした最初の相関図を完成させる、としている。これまでに発表されたキャストは以下のとおり(★=大河ドラマ初出演)。

【北条家】
北条義時…小栗旬
北条政子…小池栄子
北条宗時…片岡愛之助
阿波局…宮澤エマ★
北条時政…坂東彌十郎★

【源氏】
大姫…南沙良★
源行家…杉本哲太

【平家】
平清盛…松平健
平宗盛…小泉孝太郎

【坂東武士】
比企能員…佐藤二朗
畠山重忠…中川大志
安達盛長…野添義弘
三浦義村…山本耕史
和田義盛…横田栄司
伊東祐親…辻萬長
土肥実平…阿南健治

■概要
 華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。義時は、どんなカードを切っていくのか──。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング