【鎌倉殿の13人】新納慎也、頼朝の異母弟・阿野全成役で出演決定

オリコン

 2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第一次出演者発表の4日目となる19日、俳優の新納慎也(兵庫県出身)が、源頼朝の異母弟・阿野全成(あの・ぜんじょう)。役で出演することが明らかになった。大河ドラマは、豊臣秀次役で出演した『真田丸』(2016年)ほか、3回目。

【画像】2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』相関図(11月18日時点)

 今回の阿野全成役にについて新納は「源頼朝の異母弟であり、源義経の同母兄でありながら歴史上あまり有名ではないのかもしれません。少なくとも僕は存じ上げませんでした。三谷さんはこういった歴史上あまり有名ではない人物に注目し、その人物を描くのが本当に上手でいらっしゃるので、どの様に描かれるのか今から楽しみにしています」と、コメント。

 さらに「僕としては、有名な兄と弟に挟まれていた人物という事実だけでも、その心を想うと『演じ甲斐がありそうだな』と思ってしまいます。『悪禅師』と言われた全成ですが、どういった意味での『悪』なのか、悪には悪にならざるを得なかった理由があると思います。心の内が滲み出るような奥深い阿野全成を演じられるよう頑張ります」と、いまからワクワクのようだ。

 子ども番組『にこにこぷんがやってきた』(NHK-BS2)で“うたのおにいさん”としてレギュラー出演していたこともあり、ミュージカルで活躍していた新納が、活躍の場を広げるきっかけの一つとなった『真田丸』は「この出演は僕の役者人生を大きく変えました。今でも街中で『あの秀次の最期に号泣しました』と声をかけていただけるほどに。『真田丸』『豊臣秀次 役』は僕の中で代表作であり、一生忘れることのない素晴らしい経験です」と、振り返る。

 『鎌倉殿の13人』の阿野全成は、僧として北条の栄枯盛衰を見つめる役どころでもあり、「『真田丸』の豊臣秀次とは真逆の役になるかもしれません。秀次のイメージとはまた違った印象を持っていただけるように全身全霊全力で挑みたいと思います」と、話している。

 『鎌倉殿の13人』では、16日からの5日間で第一次出演者発表を行い、小栗旬演じる北条義時を中心とした最初の相関図を完成させる、としている。これまでに発表されたキャストは以下のとおり(★=大河ドラマ初出演)。

【北条家】
北条義時…小栗旬
北条政子…小池栄子
北条宗時…片岡愛之助
阿波局…宮澤エマ★
北条時政…坂東彌十郎★

【源氏】
大姫…南沙良★
源行家…杉本哲太
源頼家…金子大地★

【平家】
平清盛…松平健
平宗盛…小泉孝太郎

【坂東武士】
比企能員…佐藤二朗
畠山重忠…中川大志
安達盛長…野添義弘
三浦義村…山本耕史
和田義盛…横田栄司
伊東祐親…辻萬長
土肥実平…阿南健治

■概要
 華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。義時は、どんなカードを切っていくのか──。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング