【鎌倉殿の13人】栗原英雄、“13人”の一人、大江広元役で出演決定

オリコン

 2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第一次出演者発表の4日目となる19日、俳優の栗原英雄(栃木県出身)が、“13人”の一人、鎌倉幕府行政長官・大江広元(おおえ・ひろもと)役で出演することが明らかになった。大河ドラマは『真田丸』(2016年)以来、2回目の出演。

【画像】2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』相関図(11月18日時点)

 栗原は「頼朝の腹心であり、草創期の幕府の中心的存在。 有力御家人の権力抗争からも自ら距離を取り、長きにわたり幕府に仕えた優れた政治手腕の持ち主で北条氏と協調しながら武家政権の確立に貢献した人物。 その時代の日本における政治の激動を一身に体現した大江広元という人物を演じることは、役者冥利に尽きます。生き抜く力の数値がとてつもなく高い人物だと思います。 型にとらわれず、より人間的に時代を生き抜いた鎌倉殿の13人の一人として存在出来るよう全力で挑戦致します!」と、意気込みを寄せた。

 元劇団四季俳優で、退団後は映画や舞台に出演してきた栗原が初めて出演したテレビドラマが『真田丸』。草刈正雄演じる真田昌幸の弟・真田信尹(さなだ・のぶただ)役を探していた三谷氏が、栗原が出演していた舞台を見て、プロデューサーに推薦し、出演が決まったという。「人生分からないものです。三谷さんと私は全く面識がなかった中からの出来事だったのですから」と、栗原。

 以降、三谷作品の常連に仲間入り。舞台『不信〜彼女が嘘をつく理由』(17年)、NHK正月時代劇『風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇~』(18年)、映画『記憶にございません』(19年)、舞台『大地ソーシャルディスダンシングバージョン』(20年)に出演。

 「全く違ういろいろな役を与えて下さり、役者として幸せですね。 作品の登場人物全ての方々への分け隔てない愛情をお持ちで、三谷さんはそれぞれの役柄の人生を繊細に描かれます。演じるだけでなく、観る側でもワクワクします。 今回もそれぞれのキャラクターの人間味あふれた作品になること間違いなしです!」と、『鎌倉殿の13人』への期待を語っていた。

 『鎌倉殿の13人』では、16日からの5日間で第一次出演者発表を行い、小栗旬演じる北条義時を中心とした最初の相関図を完成させる、としている。これまでに発表されたキャストは以下のとおり(★=大河ドラマ初出演)。

【北条家】
北条義時…小栗旬
北条政子…小池栄子
北条宗時…片岡愛之助
阿波局…宮澤エマ★
北条時政…坂東彌十郎★

【源氏】
大姫…南沙良★
源行家…杉本哲太
源頼家…金子大地★
阿野全成…新納慎也
源範頼…迫田孝也

【平家】
平清盛…松平健
平宗盛…小泉孝太郎

【坂東武士】
比企能員…佐藤二朗
畠山重忠…中川大志
安達盛長…野添義弘
三浦義村…山本耕史
和田義盛…横田栄司
伊東祐親…辻萬長
土肥実平…阿南健治

■概要
 華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。義時は、どんなカードを切っていくのか──。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング