土屋太鳳、田中圭の“ひょう変”演技に驚き「表現力がすごい」

オリコン

 女優の土屋太鳳が19日、都内で行われた『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2020(TCP)』最終審査会トークイベントに出席した。

【動画】土屋太鳳が3度オファーを断った作品「哀愁しんでれら」の魅力を語る!

 『TCP』は、TSUTAYA発の映像クリエイターと作品企画の発掘プログラム。「本当に観たい映画作品企画」をプロ・アマ、年齢、性別、国籍など一切の制限なく募集しており、2015年から始まった。

 土屋は「TCP2016」でグランプリを受賞した『哀愁しんでれら』(2021年2月5日公開)で主演を務めることから、本イベントにゲスト出演。土屋が演じるのは、平凡な毎日を送っていた市役所勤めの小春。しかし、ある夜、祖父が倒れ、父が飲酒運転で連行、自宅が全焼、彼氏の浮気現場を目撃するなど、怒とうの不幸にあい、一晩ですべてを失ってしまう。そんな中、イケメン開業医の泉澤大悟(田中圭)と出会う。

 大悟は、前妻を事故で亡くし、現在は8歳の娘を男手ひとつで育てているが、互いに引かれ合い小春にプロポーズ。不幸から幸せの頂点へ駆け上がり、幸せな家庭を築いていくことを決意した小春だったが、ある日、前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう…。

 オファーを3回断ったものの、出演を決意した土屋は「出演を決めた理由は2つあります。ひとつは、大悟さんを田中圭さんが演じるとうかがったので、圭さんの大悟さんを小春として見たいという直感的な思い。2つ目は、4回目のオファーで台本が届いたとき、小春が泣いているというか『私を見つけて、気づいて、感情を伝えてほしい』という迷子のような感覚がありました。それで、やっぱり受けさせていただいたほうがいいと思いました」と理由を説明。

 その田中との夫婦役での共演については「言っていいのかな?」としつつ「(劇中で)ひょう変するんですけど、表現力が素晴らしい。あと、子役のCOCOちゃんに、シビアなシーンの撮影でも気分を上げたり、見守っていたりその姿勢に感動しました」と振り返った。

 メガホンをとった渡部亮平監督は、土屋の起用について「土屋さんのほかだったら、オードリー・ヘップバーンくらいしか思い浮かばなかった」と笑い「土屋さんの表現力の高さに驚いて、これを映画で出すことができれば、すごくパワーがこもった映画になるという思いがありました」とオファーを引き受けた土屋に感謝。

 土屋も「本当にありがたいです。エキセントリックなストーリーは10代後半でやっていたので、とまどいや変な気持ちを持たずに監督の台本で走ることができたと思います」と話した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング