『星のドラゴンクエスト』運営チームに殺害予告、初旬より複数回 生放送番組の中止発表

オリコン

 スマートフォン向けゲーム『星のドラゴンクエスト』(公式略称:星ドラ)の公式が19日、11月初旬より運営チームに対して殺害予告が複数回あったことから、20日に予定していたYouTube番組『星のドラゴンクエスト モンスター闘技場 生放送』の放送を中止することを発表した。

【ツイート全文】『星ドラ』運営チームに殺害予告…生放送中止で「ご迷惑を…」

 公式サイトでは「このたび2020年11月20日(金)に予定しておりました、YouTube番組『星のドラゴンクエスト モンスター闘技場 生放送(第5回)』は放送を中止することといたしました」と報告。

 理由については「11月初旬より『星のドラゴンクエスト』運営チームに対し、殺害予告が複数回ございました。これを受け、被害届の提出を前提とした警察への相談を行っております。番組の放送を実現すべく関係各所と慎重に協議を重ねてまいりましたが、出演者および運営に関わるスタッフの安全を最優先に考慮し中止を決定いたしました」と経緯を説明した。

 また「放送を楽しみにお待ちいただいていたお客様には誠に申し訳なく、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。何卒ご理解いただけますようお願いいたします」とファンに理解を求めた。

 同ゲームは、累計2000万ダウンロードを突破した『ドラゴンクエスト』シリーズのスマートフォン用ゲーム。そうびや見た目を自由にカスタマイズできる主人公たちを成長させながら、惑星全体を舞台にして冒険し、迫りくる星の危機に立ち向かう“宇宙丸ごと探索型RPG”となっている。シリーズでおなじみのモンスターたちとバトルができるほか、最大4人で挑むマルチプレイでは、全国のプレイヤーと一緒に、歴代シリーズの強敵とのバトルを楽しめる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング