三浦翔平主演、『逃亡者』追跡劇の裏側を描く配信オリジナルストーリー 

オリコン

 テレビ朝日がワーナー・ブラザース・インターナショナル・テレビ・プロダクション(WBITVP)と手を組み、不朽の名作サスペンスをよみがえらせる、テレビ朝日開局60周年 2夜連続ドラマスペシャル『逃亡者』(12月5日・6日 後9:00~)。このドラマの地上波放送終了後、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」とテレビ朝日の動画配信プラットフォーム「TELASA」で配信オリジナルエピソードが独占配信される。タイトルは、『特別広域追跡班 ~ヒトリヨガリの科学捜査官~』。逃亡者・加倉井を“追う刑事”たちにスポットを当てたスペシャルコンテンツで、主演は三浦翔平が務める。

【写真】解禁された配信オリジナルドラマの場面写真

 『逃亡者』(本編)は、妻殺しの容疑を晴らすため逃亡するエリート外科医・加倉井一樹(かくらい・かずき)役で渡辺謙が主演。彼を執拗に追い詰める警視庁広域捜査班班長・保坂正巳(ほさか・まさみ)を豊川悦司が演じる、〈追う者VS追われる者〉の人間ドラマ。

 一方、配信オリジナルストーリーは、三浦が演じる、本編にも登場する警視庁特別広域捜査班のメンバー・鴨井航の視点で進行。鴨井は、FBIで研修を積んで帰国したばかりのキャリア。プロファイリングや科学捜査に精通しており、その自負が強いからこそ、空回りして“ヒトリヨガリ”になることも!? 人間は必ずと言っていいほど、人には見せたくないウラの顔を持っているもの。鴨井刑事は、最新科学捜査に秀でているがゆえに、かなりマニアックな裏の顔を持っていて…。

 この配信オリジナルストーリーには鴨井はもちろん、特別広域捜査班の班長・保坂正巳(豊川)、柏木弥生(原沙知絵)、近藤俊也(藤本隆宏)、高田栄太(岩男海史)ら追跡班の刑事たちが総登場。さらに、ここだけの特別ゲストとして平泉成、津田寛治が出演。捜査の過程で鴨井が出会う男たちを味わい深く演じ、物語に奥行きを与える。

 また、『太陽とオオカミくんには騙されない』(ABEMA)、『恋する#イケカジ~となりのオンネラくん~』(ABC朝日放送)などに出演した若手俳優・駒木根葵汰(こまぎね・きいた)、『ウルトラマンZ』(テレビ東京)などに出演しモデル、女優として活躍する黒木ひかりのフレッシュな2人が、新人捜査官役で参加。ストーリーのコミカルパートを担う。

 三浦は「本編ではクールなFBI帰りの刑事を演じておりますが、オリジナルストーリーでは警視庁特別広域捜査班のメンバーがメインのストーリーとなっており、違った一面の鴨井航をお見せします。監督・プロデューサーと話し合った小ネタも満載ですので、本編のシリアスな雰囲気ももちろんですが、こちらのバラエティ感のあるストーリーも合わせて楽しんで頂ければと思います」と、コメント。

 この配信オリジナルストーリーも、本編同様に前後編で配信。加倉井が命がけで逃亡を続けているとき、追う側の刑事たちはどんな思いを抱え、どう行動していたのか!? 捜査官たちの意外なキャラクターやチーム内の人間関係など本編では描き切れなかった真相も明らかになる。

 このたびメインビジュアルおよび、選りすぐりのシーン写真も解禁された。メインビジュアルでは、鴨井を筆頭に特別広域捜査班の個性あふれる中心メンバー4人が勢揃い。追跡劇の裏側で何が起きていたのか!? 本編はもちろん、配信オリジナルストーリーも見逃せない内容となっている。

■前編あらすじ
 FBIの研修から帰国した鴨井航(三浦翔平)は、新設された“特別広域捜査班”に配属される。メンバーの中には、警察大学校時代の教官・柏木弥生(原沙知絵)の姿もあった。そんなとき、緊急の臨場指令が下る。死刑囚たちを移送するバスが襲われ、妻殺しの医師・加倉井一樹(渡辺謙)らが逃亡したのだ。鴨井は科学捜査を駆使して合理的に加倉井を追うべきと主張するが、班長・保坂正巳(豊川悦司)にことごとく却下され…!? 逃亡者を追って山に入った鴨井は、怪しい男(平泉成)に出会う。

■後編あらすじ
 科学捜査で導き出した逃走予測を外し、班長・保坂正巳(豊川悦司)から「捜査は遊びじゃない」と一喝された鴨井航(三浦翔平)は、うまくいかない自分に苛立つばかり。そんなとき、一向に居場所のつかめなかった加倉井一樹(渡辺謙)の足取りがようやく判明。加倉井の行動にはどんな理由があるのか。その謎を探るため、鴨井はひとりの男(津田寛治)の聞き込みに向かうが…!?

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング