古川登志夫、私生活で機嫌悪いと「ピッコロになる」妻が暴露で照れ 日本の声優事情は“天国”

オリコン

 声優の古川登志夫(74)と柿沼紫乃(55)夫妻が22日、都内で行われた映画『声優夫婦の甘くない生活』(12月18日公開)のトークイベントに登場。私生活において自身が演じたキャラクターボイスを出す瞬間があるなど、“声優あるある”を語った。

【動画】家ではピッコロ声? 仲睦まじい姿を見せた古川登志夫&柿沼紫乃夫妻

 同作は、吹き替え声優夫婦がイスラエルに移民して夢の第2の人生をスタートさせたが、声優の仕事にありつけない2人が始めたのは闇仕事だった…。妻の秘密が発覚したことをきっかけに、長年気付かないふりをしてきたお互いの「本当の声」が噴出し始めるストーリー。

 この日登場した古川は『ONE PIECE』ポートガス・D・エース役、『ドラゴンボール』シリーズのピッコロ役、柿沼は『美少女戦士セーラームーン」大阪なる、『ドラゴンボール改』ビーデル役、パン役などで知られている。

 古川は映画と自身を重ね「『声優の仕事がないか?』と頼み込むシーンがありましたよね。今の日本の声優事情は全然違うのですが、若きころ、アルバムやCDを作ったりして、大学の先輩と連絡を取り『なにか仕事ないですか?』と頼んで歩いたことを思い出しました」としみじみ。

 海外のイベントで声優代表として招かれる機会が多く「9年間で20回くらい行きました」と振り返り、「(海外現地の)声優さんとシンポジウム、会話をする中で『日本の声優事情は天国だね』とおっしゃるんですよね。それは、エージェント、事務所に所属しているということ」と日本と海外の“声優”環境を説明した。

 フリーで活動する人も日本にはいるが「海外にはそれがないんですよね。『どのように仕事をしているの?』と聞いたら、2~3人のグループで力をあわせて頼みに行ったりだそうで。『日本と比べて地位が低いんですよ』と聞いて驚きました」と伝えた。

 2人は大手声優事務所・青二プロダクション所属。「400人くらいのタレントが所属していて、それに見合うスタッフ編成で、仕事を取ってくださる。自分で仕事を頼みに行くことはまったくない」と恵まれた環境に感謝した。

 一方、柿沼は映画俳優が「相手によって声を変える」ところが興味深かったそうで「突然、低い声になったりと、私たちの場合、“声優あるある”として日常生活である」と告白。続けて、夫・古川が自宅で声色が変わることもあるとし「妙にカッコつけたり、ひょうきんだったりする。『今、誰になっている?』というのがあって…」と明かすと、古川は「そう?」と苦笑い。

 柿沼は「『今、ピッコロになっている?』というがあって…」と暴露すると、古川は「…ま~、たまに機嫌が悪いとピッコロみたいになる時もありますけど…」と認め照れていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング