石丸が貫禄V ルーキー第22戦 【江戸川】

友好紙

 江戸川ボートのルーキーシリーズ第22戦は24日、最終12Rで優勝戦を行い、1号艇の石丸海渡(27)=112期・香川・A1=が、トップSから危なげなく逃げ切り、前節の鳴門に続いてのVを決め、通算6回目の優勝を飾った。2着に6号艇の川原祐明、3着には5号艇の入海馨が入った。

ヒーロー

 “オーバーエージ枠”石丸の貫禄勝ちだった。インからコンマ13のトップS。「入っているとは思ったけど、他が来なかったので、メチャクチャ怖かった」。その動揺があったのか、「1M滑ったので差されたと思った。レースとしては50点」と反省するが、一気に突き放す圧勝だった。

 今節は、ともにオーバーエージ枠で出場した馬場剛が、初日にいきなりF。「地元なのに何してんのか、と思った。責任感があったので、若手にちゃんとしたところを見せられて良かった」と、意識の高さも見せつけた。

 これまで「苦手意識があった」という江戸川で初V。来年1月のG1・江戸川大賞の出場も決まっている。「目の前の一節一節をしっかり走り、挑戦したい」と、グレード戦での活躍に意欲をのぞかせた。 (吉田陽一)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング