大関正代、初場所に支障なし

共同通信

 新大関だった大相撲11月場所を左足首の負傷で途中休場した正代が30日、報道陣の電話取材に応じ、初のかど番で迎える初場所(来年1月10日初日・両国国技館)の出場に支障がないとの見通しを示した。「間に合うと思う。勝ち越せればいいかなと思う」と話した。

 この日は東京都墨田区の時津風部屋で四股やすり足などの基本運動を行い「四股を踏む分だったら、痛みは感じない」と説明。順調なら年内に相撲を取る稽古を再開する希望を口にした。

 11月場所の大関貴景勝の優勝を見て「いい刺激をもらった。頑張らなくてはいけない」と自らを鼓舞した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング