FC東京オリベイラ、今大会絶望

共同通信

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に参戦中のFC東京は1日、ディエゴオリベイラが右脚の腓骨骨挫傷および右足首の靱帯損傷で全治3、4週間と診断されたと発表した。今大会中の復帰は絶望となった。11月27日の上海申花(中国)戦で危険なタックルを受けて負傷交代していた。

 オンライン取材に応じた大金社長は「選手生命にもつながるようなファウル」と指摘し、アジア連盟(AFC)に対し「何らかの改善を要望したい」と話した。(共同)

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング