阪神、加治屋蓮投手を獲得

共同通信

 阪神は8日、ソフトバンクを戦力外となった加治屋蓮投手(29)と、中日を戦力外となった鈴木翔太投手(25)を獲得したと発表した。加治屋投手は支配下登録選手、鈴木翔投手は育成選手として契約を行う予定。

 加治屋投手は2014年にJR九州からドラフト1位でソフトバンクに入団。18年には72試合に登板したが、今季は6試合の登板に終わった。鈴木翔投手は静岡・聖隷クリストファー高から14年にドラフト1位で中日に入団し、17年には5勝を挙げた。その後は血行障害に悩まされるなど19年から1軍登板がなかった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング