「嵐」が企業13社と夢を応援

共同通信

 今年末で活動を休止するアイドルグループ「嵐」は11日、賛同企業13社と夢を持つことを応援する「HELLO NEW DREAM. PROJECT」の報告会でプレゼンターを務め、将来就きたい職業や年齢にかかわらず「夢はもっと自由であっていい」と提言した。

 同プロジェクトは9月に始動した。嵐のデビュー曲の歌詞にもある「夢だけ持ったっていいでしょ?」をテーマにインターネットやはがきで夢を募集し、意識調査も実施。「月から地球を見てみたい」(45歳女性)、「みんなを守るヒーローになりたい」(5歳男児)など約100万個の夢が寄せられた。

 嵐は調査の分析結果などを紹介し、二宮和也さんは「壮大でも身近でも、人それぞれ自由で大きさは関係ない」と指摘。相葉雅紀さんは「何歳になっても夢を持っていい」、リーダーの大野智さんは「諦めてもいいし、途中で変わってもいい」と呼び掛けた。

 松本潤さんは「夢にはポジティブになれる効果がある」、桜井翔さんは「僕たちも勇気づけられるきっかけになった」と語った。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング