プロ野球、3人がポスティング

共同通信

 プロ野球から海外フリーエージェント(FA)権を持たない選手が米大リーグに移籍するためのポスティングシステムの今オフの申請期間が12日に終了し、手続きを行ったのは日本ハムの有原航平投手、西川遥輝外野手、巨人の菅野智之投手の3人だった。

 交渉期限は有原が日本時間27日午前7時、西川が来年1月3日午前7時、菅野が同8日午前7時。ロッテの沢村拓一投手は海外FA権を行使して大リーグ移籍を目指している。

 例年の申請期間は11月1日から12月5日までだが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で日程が変則となったため、1週間遅くなった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング