セ・リーグの来季DH制は見送り

共同通信

 プロ野球巨人が14日、セ・リーグ理事会に来季、暫定的に指名打者(DH)制を導入することを提案したが、見送られた。新型コロナウイルス禍の中で投手の負担を軽減することを最大の目的に挙げたが、賛同を得られなかった。

 山口寿一オーナー名で巨人から提案された文書によると今季、投手の故障はセが41人で、DHを導入しているパ・リーグは30人。過密日程に加え、打撃、走塁の負担が、けがにつながった可能性があると指摘した。

 また、DH制導入で打者が1人多く出場でき、打力の強化につながると主張。点差によって投手が打席で打撃を放棄するようなプレーが見受けられることも挙げた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング