紀平、4回転トーループにも挑戦

共同通信

 フィギュアスケート女子で22年北京冬季五輪金メダルを目指す紀平梨花が4日までに共同通信のインタビューに応じた。昨年12月に2連覇した全日本選手権のフリーで03年大会の安藤美姫以来、日本女子で2人目の4回転サルコーに成功。「高さも余裕もあった良いジャンプだった」と振り返り、新たに4回転トーループにも挑戦する意向を示した。

 昨夏から拠点とするスイスで指導を受ける元世界選手権王者のステファン・ランビエル氏とは新たな大技習得への取り組みも始めた。「トーループは3回転を一から教わり、型にはまったものができてきた。きれいな3回転ができれば4回転もできる」と話した。

PR

フィギュアスケート アクセスランキング

1日
2021/3/6 14:00 更新
1週間

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング