水溜りボンド、ラジオイベント中止も無念さも「いつか絶対やりたい」 当日は2人でYouTube生配信へ

オリコン

 2人組動画クリエイターの水溜りボンドが、7日深夜放送のニッポン放送『水溜りボンドのオールナイトニッポン(ANN)0(ZERO)』(毎週木曜 深3:00)に出演。新型コロナウイルス感染の拡大、7日に東京都と埼玉、千葉、神奈川3県を対象とする緊急事態宣言が発令されたことを鑑みて、10日に東京国際フォーラム ホールAで行われる予定だった『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)リスナーアミーゴフェスティバル』の中止が決定したことを受け、同日の午後5時頃からYouTubeチャンネル『水溜りボンドの日常』で生配信を行うことを明かした。

【動画】慣れない会見に緊張!地上波初冠レギュラーに意気込む水溜りボンド

 この日の放送で「これは非常にくやしい。予定を空けてくださった方もいると思いますし。楽しませるための準備を考えていたし…」と残念がりながら「イベントはいつか絶対やりたいなと思っていますが、当日スケジュールを空けてくださっている方もいらっしゃるのかなと。僕らも体空いています。なので、そこで当日、1月10日の17時頃を予定しているのですが、生配信をしたいなと考えております」と呼びかけた。

 イベントのホームページでは「政府の緊急事態宣言発出決定の方針を鑑み、弊社としては新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の防止と、お客様および関係者の安全を考慮した結果、『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)リスナーアミーゴフェスティバル』を【中止】させていただきます。本イベントを楽しみにしていただいておりました皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます」と報告。

 続けて「ご購入頂きましたチケット払い戻しの詳細に関しては、『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)リスナーアミーゴフェスティバル』 公式ホームページで 1 月 13 日を目途にご案内いたします。本イベントが改めて開催ができるよう、スタッフ全力で努めて参りますので、ご理解、ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」と呼びかけている。

 実現すれば、昨年4月からの番組スタート以来、わずか9ヶ月でのイベントとなり、リスナーをアミーゴと呼ぶカンタの発案で「メキシコ」テイストがふんだんに盛り込まれる予定で、深夜ラジオの前で、ひとりで聞いていたリスナーアミーゴが、東京国際フォーラムに集結し、イベント限定の企画、トークが繰り広げられる一夜限りのお祭りになるはずだった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング