バレー決勝は駿台学園と東福岡

共同通信

 バレーボールの全日本高校選手権第4日は9日、東京体育館で準決勝が行われ、男子は駿台学園(東京)と東福岡、女子は大阪国際滝井と就実(岡山)が10日の決勝に勝ち上がった。

 前回2位の駿台学園は市尼崎(兵庫)をフルセットの末に振り切り、東福岡は清風(大阪)を3―1で下した。

 大阪国際滝井は、2連覇を狙った東九州龍谷(大分)に3―0で快勝。2019年に高校総体を制した就実は、前回2位の古川学園(宮城)を3―1で破った。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング