東海大野球部の新監督に井尻氏

共同通信

 首都大学野球リーグの東海大の新監督にOBで元日本生命監督の井尻陽久氏(68)が就任することが11日、関係者の話で分かった。東海大は昨年、複数部員の大麻使用が判明。日本学生野球協会審査室会議でことし1月16日まで3カ月の対外試合禁止処分を科され、安藤強監督が辞任した。

 井尻氏は和歌山県出身。1970年夏の甲子園大会で神奈川・東海大相模高の初優勝に貢献。社会人の日本生命監督として92年に都市対抗大会優勝に導き、日本が銀メダルを獲得した96年アトランタ五輪でコーチを務めた。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング