USJ『スーパー・ニンテンドー・ワールド』 緊急事態宣言受け開業延期

オリコン

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは14日、きのう大阪府に緊急事態宣言が発出されたことを受け、2月4日にオープンを予定していた新エリア『スーパー・ニンテンドー・ワールド』の開業を延期すると発表した。開業日は同宣言の解除後、改めて決定するとしている。

【写真】マリオ&ルイージと会話ができるUSJ『スーパー・ニンテンドー・ワールド』

 併せて、宣言の発出にともない、パーク運営にあたっても政府や地元自治体の方針に協力し、入場者数を大幅に制限して営業する。

 『スーパー・ニンテンドー・ワールド』は、USJ初の多層式エリアとして準備が進められ、2月4日にオープン予定だった。マリオの世界を象徴するピーチ城やクッパ城がそびえるエリア内では、『マリオカート ~クッパの挑戦状~』や人気キャラクター・ヨッシーのライド・アトラクション、レストラン、ショップなど、従来のテーマパークならではの体験はもちろん、実際に全身を使って飛び、ブロックを叩き、コインやアイテムを集めるなど、ゲームの楽しみをテーマパークに最適化したつくりとなっている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング