伊藤美誠、石川佳純が決勝進出

共同通信

 卓球の全日本選手権最終日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス準決勝で東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)が前回女王の早田ひな(日本生命)を4―3で退けた。五輪代表の石川佳純(全農)は木原美悠(エリートアカデミー)に4―2で勝ち、2大会連続の決勝進出を決めた。

 決勝で伊藤は2大会ぶり3度目、石川は5大会ぶり5度目の優勝を懸けて対戦する。

 男子シングルス準決勝は森薗政崇(BOBSON)が田中佑汰(愛知工大)に4―1で快勝し、及川瑞基(木下グループ)は吉田雅己(栃木県スポーツ協会)に4―2で勝ち、ともに初の決勝に進んだ。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング