平原記念連続V 開設記念 【大宮】

友好紙

 大宮競輪のG3開設72周年記念「東日本発祥倉茂記念杯」は17日、最終12Rで決勝戦を行い、平原康多(38)=埼玉・87期・SS=が2年連続8回目の大宮記念優勝。同県の後輩・森田優弥をマークし、清水裕友の捲りに合わせて、最終3角から番手捲りで抜け出した。平原のG3優勝は、前場所の立川記念に続いて通算26回目。2着は平原追走の佐藤慎太郎、3着には鈴木庸之が入った。

■ヒーロー

 立川、大宮と記念連続優勝で、平原が2021年の好スタートを決めた。「初手は前受けから。あとは森田君を信頼していた。レースがうまいし、横も上手。競輪をしてくれる選手なので走りやすかった」と先導役の後輩をたたえた。

 レースは打鐘4角から森田-平原-佐藤が先行。最終2角8番手から清水が捲ると、同バックでは平原と並走。「いいタイミングで仕掛けてくれたけど、やっぱり清水君は違った。さばきじゃ間に合わないと判断したので前に踏んだ」と平原は振り返る。

 この地元記念で昨年末のグランプリから続いた連戦も終了。「グランプリで脇本雄太君と一緒に走り、考えることが多かった。いろいろ見つかった部分もあるし、いい方向に出ている。いったん気持ちをオフにして、また一戦一戦頑張る」。次の目標は、17年2月の全日本選抜(取手)以来となる8回目のG1優勝だ。 (松本 直)

◆決勝上位の次走

 (1)平原康多(2月4日~高知G3)(2)佐藤慎太郎(1月28日~豊橋G3)(3)鈴木庸之(1月21日~取手F1)

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング