新谷仁美が20年の陸上MVP

共同通信

 日本陸連は21日、2020年の表彰者を発表し、女子1万mで日本記録を大幅に塗り替え東京五輪代表となった新谷仁美(積水化学)が最優秀選手に輝いた。ハーフマラソンでも日本記録をつくった新谷はオンラインで取材に応じ「とてもうれしいのと同時に、今後も頑張ろうと意識させてくれる賞」と語った。

 相沢晃(旭化成)は男子1万m、金井大旺(ミズノ)は同室内60m障害、田中希実(豊田自動織機TC)は女子1500mと3000mの日本記録を更新する活躍で優秀選手賞を受賞。19年新人賞の田中は東京五輪切符を5000mで獲得。複数種目で躍進し「ステップアップできている」と喜んだ。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング