菜々緒、渡辺直美のボケ回答に困惑「すごいプレッシャー」

オリコン

 女優の菜々緒、お笑い芸人の渡辺直美が29日、都内で無観客にて行われた劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』完成報告会見にゲスト声優として登壇した。作品のテーマ“夢”について聞かれたメインキャストの三石琴乃と福圓美里が“生涯現役声優”を掲げるなか、渡辺は「みなさんと同じになっちゃうんですけど」と前置きしつつ「死ぬまで唐揚げを食べ続けたい」とボケ回答。これに、菜々緒も続こうとするも反応はイマイチで「すごいプレッシャーだったんですけど…」と嘆いた。

【集合ショット】華やかなドレス姿で登場した福圓美里、三石琴乃ら“セーラー10戦士”

 前編・後編で公開される劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』は、原作の4期にあたる「デッド・ムーン編」が描かれ、ペガサスとの運命の出会いから始まる淡い恋とセーラー戦士たちの成長の物語。渡辺はセーラー戦士の前に立ちはだかる敵・ジルコニア、菜々緒は“ラスボス”で闇の女王・ネヘレニアを演じている。

 90年代のアニメシリーズから主人公のセーラームーン・月野うさぎを演じ続ける三石は「まだ夢の途中という状態。養成所や劇団で活動したりして、声優やお芝居を一生懸命やってお仕事として成り立つようになったので、おばあちゃんになるまでこのお仕事ができたらいいな、という夢の途中です」と展望する。

 エターナルセーラーちびムーン・ちびうさ役の福圓も「やっぱりおばあちゃんになるまで、死ぬ前の日まで、声優でいたい」と掲げ、三石から「ギリギリまでマイク前?」と聞かれると「そのまま倒れてもかまわない。今回はちびうさというかわいらしい役ですが、私もジルコニアさまのような戦うおばあちゃんに、声をあてられるような声優になりたい」と強い意志を明かした。

 そんななかまさかの“唐揚げ”というボケで沸かせた渡辺に続き、菜々緒は「(劇中に登場する)タキシード仮面やエリオスのようなすてきな男性と巡り会えたら良いな…」と乙女心を覗かせるも「…え?唐揚げの後にすごいプレッシャーだったんですけど、ダメでしたかね?これでもボケたというか、面白い感じに行ったはずなんですけどシーンとしちゃった、すいません…」と反応の薄さに苦笑。三石が「一番セーラームーンっぽいすてきな回答でした」とフォローし、司会から冗談と本気の度合いを聞かれると「半々くらいですかね」と笑っていた。

 このほか、金元寿子(エターナルセーラーマーキュリー・水野亜美)、佐藤利奈(エターナルセーラーマーズ・火野レイ)、小清水亜美(エターナルセーラージュピター・木野まこと)、伊藤静(エターナルセーラーヴィーナス・愛野美奈子)、皆川純子(エターナルセーラーウラヌス・天王はるか)、大原さやか(エターナルセーラーネプチューン・海王みちる)、前田愛(エターナルセーラープルート・冥王せつな)、藤井ゆきよ(エターナルセーラーサターン・土萠ほたる)らが参加した。前編は公開中、後編は2月11日より公開される。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング