戸田G1中止打ち切り 出場選手1人がコロナ感染

友好紙

 埼玉県・戸田ボートのG1開設64周年記念「戸田プリムローズ」は、30日以降の開催中止・打ち切りが決まった。参加している選手1人が新型コロナウイルスに感染していることが29日に判明したため。当該競走に参加していた全選手や関係者は29日にPCR検査を実施し、30日以降に競技部内などの消毒作業を行う。コロナ関連で開催を中止するのは昨年12月の桐生ボート以来で、グレードレースでは初めて。

 開催2日目が無事に終了するかと思われた29日の12R終了後、選手たちに動揺が走った。参加していた選手1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、今開催の中止が告げられた。

 当該選手の名前は公表されず、感染した選手はピット内で手指の消毒やマスク着用など感染防止には努めていたと伝えられた。選手たちは思いがけない発表に、足早にピット内でエンジンの格納など片付け作業に追われていた。

 その後は選手を含めた関係者全員がPCR検査を受けることになり、不安を口にする選手も見られた。現時点で他の選手や関係者に感染したかは不明で、PCR検査の結果を待つことになる。

 ボートレース戸田は書面で「このたび、ボートレース戸田に競走参加していたボートレーサー1人が、新型コロナウイルスに感染したことが29日に判明いたしました。このことを受けてボートレース戸田の開催は30日以降を中止することといたしました。今後も引き続きボートレース関係者と選手の指導、管理の徹底に取り組んでまいります」とコメントした。

◆須藤博倫選手代表の話

 「開催も大事だけど人命も大事。悪い意味でとらえてほしくはないのですが、本当にコロナが身近にせまってきているなという感じです。開催中止は残念だけど、ご理解いただけたらと思っています。自分たちも今晩からどうしようか詰めないといけない。(発表されたのは)関係者内でコロナの陽性者がでたということで開催中止と。合わせて出場メンバーや関係者、全員がPCR検査をするということ。今後これからどうするかという話だけで、他の事は全く聞いていません」

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング