フィッシャーズ、Eテレでバリアフリーな新番組「伝わるのはやっぱり笑顔」

オリコン

 動画クリエーター・フィッシャーズが出演するNHK・Eテレの新番組『RouTube』が2月1日(後7:25~7:55)に放送される。Rou=「ろう」。フィッシャーズのメンバーとろう・難聴の若者が、言葉の壁を超えて一緒に楽しく触れ合うバリアフリー番組。

【動画】フィッシャーズとろう者が「きょうの料理」に挑戦!

 「料理対決」コーナーでは、ろう者とフィッシャーズが二人一組になり料理。何を作るかを知っているのはろう者のみ。手話のわからないフィッシャーズにろう者がジェスチャーなどで材料や調理方法を指示する。ところが、料理に詳しい人がいないことが判明。制限時間は90分(材料の買い出しから完成まで)。必要な材料がそろうのか? 作り方は伝わっているのか? ハラハラドキドキ、トラブルだらけの料理対決となってしまう。最後にジャッジするのは、『きょうの料理』に出演する料理研究家。軍配はどっちにあがる?

 「突撃ろう学校で遊ぼう」コーナーでは、フィッシャーズのシルク、モトキ、ザカオの3人が、埼玉県大宮市にあるろう学校を訪問。節分を前に鬼ごっこをすることに。全力で挑んでくる小学生たちに、フィッシャーズもタジタジ…。野球部、バレー部、陸上部の中高生10人とは、3チームに分かれてダブルダッチのガチバトル。練習時間は30分。筆談などで会話しながら大技に挑む。果たして勝つのは? ジャッジするのは校長先生だ。

 さらにスタジオで、ギネス世界記録に挑戦。フィッシャーズとろう者で力を合わせ、ピンポン玉をお玉で何個キャッチできるのか。鬼ごっこからギネス世界記録まで。さまざまな挑戦の結果は放送で。

 なお、料理対決の模様は、2月6日放送のEテレ『ろうを生きる難聴を生きる』(後8:45)でも放送予定。

■フィッシャーズ メンバーのコメント

【シルクロード】ろう者の方とのコミュニケーションは、筆談だったり、手話だったり、 いろんな方法がありますが、一番伝わるのはやっぱり笑顔だなと思いました。

【ンダホ】お互いに伝えようという意思と酌み取ろうという意思があれば、ちゃんと伝わ るんだなと 思いました。 お互いに助け合いながら協力できて、優しい世界になったらいいのかなと思 っています。

【マサイ】楽しかったです。自分がろう者の方に接する時、ジェスチャーの仕方などためになると思うので、ぜひ番組をチェックしていただきたいと思います。

【モトキ】耳が聞こえにくかったり、聞こえない方が、こんなふうに活動しているよというのを通して、ちょっとその世界を想像してもらえたらなと思います。

【ザカオ】一日一緒にいて僕らもすごく楽しかったので、普通のお笑い芸人とか
のテレビを見てるとき と同じぐらいの感じで、身構えずに見ていただけたら、すごいうれしいなと思います。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング