上田竜也、堂本光一の発想力に感嘆「ジャニーさんの申し子」

オリコン

 人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一、KAT-TUNの上田竜也が1日、映画『Endless SHOCK』の初日舞台あいさつに出席した。

【全身ショット】袖が透けたブルーのワンピースで登場した梅田彩佳

 日本演劇界におけるミュージカル単独主演記録1位を更新中の驚異的シリーズが、初演から20年の歴史の中で初めて映画館に登場。2020年2月の公演中止後に、無観客の帝国劇場にクレーンカメラ3台を含む16台のカメラを持ち込み様々なポジションに設置、そして1台のドローンを飛ばし、通常客席からは観ることのできない新しい『Endless SHOCK』を撮影。監督は光一が自ら務め、映像、音楽、編集にもこだわり、迫力のパフォーマンスを、きょう1日から2週間限定上映でスクリーンにも届ける。

 4日からは帝国劇場にてスピンオフ作品『Endless SHOCK -Eternal-』が上演される。劇場公開を自ら提案したという光一は「映画を同時期にやれば、両方を楽しめる。自分の思いつきから始まった部分もあるけど、そこから皆さんの力をお借りして、実現できたのがうれしい」と感慨深そうに喜んだ。

 今回の試みについて上田は「大阪でその思いつきを聞いた時は『すげぇ面白い!』と興奮しましたね」とすぐに賛同したといい「光一くんは“ジャニーさんの申し子”だなと。影にジャニーさんの発想力があって、なかなか普通の人じゃ考えつかない発想をしてくれる」とリスペクトの眼差しを向けた。

 また、共演の梅田彩佳が「けいこ場で光一さんが『Youたちさぁ…』ってサラッと言った。それに『ジャニーさんがいるみたい!』と興奮しちゃいました」と明かすと、光一は「いやいや、ジャニーさんみたいにはなれないけどね」と笑いながら謙そんしていた。

 この日の舞台あいさつは、新型コロナウイルスの感染防止対策として、無観客で実施された東京・帝国劇場の模様を、ライブビューイング付き上映会として全国82の劇場に生中継。光一らのほか、女優の前田美波里、ふぉ~ゆ~の越岡裕貴、松崎祐介が登壇した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング