吉川愛、ディズニー新ヒロイン・ラーヤの吹替担当「一生の宝物」

オリコン

 女優の吉川愛が、ディズニー・アニメーションの新作映画『ラーヤと龍の王国』(3月5日公開)で、主人公・ラーヤの日本語吹替を担当することが2日、発表になった。声優初挑戦の吉川は「一生の思い出で、一生の宝物」と今回の体験を振り返った。

【動画】吉川愛が吹替を担当する日本語予告映像

 本作は、“龍の王国”を舞台に繰り広げられる少女・ラーヤの戦いと成長を描くスペクタクル・ファンタジー。『アナと雪の女王2』以来の最新作で、新しいディズニーのヒロイン誕生となる。

 ラーヤは、幼いころのある出来ごとで父を失い、他人を信じることをやめて、ひとりで生きてきた孤独なヒロイン。それでも、聖なる龍の力が宿るという「龍の石」の守護者一族の娘として、伝説の“最後の龍”シスーを見つけ出し、バラバラになった世界をひとつにしようと奮闘する。しかし、ようやく出会えたシスーは魔法の力を失っており、魔法を取り戻す力を持つ5つの龍の石を探す旅に出る。

 オーディションを経て、ラーヤ役をつかんだ吉川は「はじめは喜びの方が大きかったのですが、初めて声優をやらせていただくのがまさかのディズニーさんということもあり、だんだん緊張の方が増してきました」とプレッシャーを感じたという。演技については「ドラマや映画だと、表情や動きでうまく表現することができるんですが…。声だけで表現するというのはものすごく難しい」と話す。

 作品に込められたメッセージは“信じあう心”といい「ひとつになるには『お互いを信じあうことが大事なんだよ』と教えてくれる『自分が信じたら、相手も信じてくれる』と、そんな風に自分を変えることができるような、ものすごくすてきな作品だと思います」と魅力を語った。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング