宇賀なつみ、初TVCMは小学校の先生役 表情パターンに苦戦「役者さんて凄いんだなぁ」

オリコン

 フリーアナウンサーの宇賀なつみ(34)が4日、オンラインで行われた『freee新CM&確定申告FES 2021発表会』に登場。初めてのテレビCM撮影を振り返った。

【動画】宇賀なつみ、生徒の質問に困惑? 初TVCM映像

 確定申告のクラウド会計ソフトなどを手がける同社のCMに出演している宇賀。小学校の先生を演じており、撮影も実際の学校で行った。

 多くの子役たちと共演したことについて、「みんながかわいらしくて。空き時間に好きなアニメだったり、小学生らしい話をしているのが微笑ましかった。でも実際お芝居になると本当にお上手で、わたしはテレビCM初だったのでとても不安だったんですけど、皆さん本当に堂々としていて。実は盗み聞きして勉強していました」とその姿が頼もしかったという。

 今回公開されたCMのうち『バナナは…バナナは経費に入りますか?』篇では、宇賀が表情の演技だけで生徒と向かい合う展開も。「いろいろな表情を撮らせていただいたんですけど、あれは難しいですね。経験がなくて、表情のバリエーションもなくて。うまく皆さんのご依頼に応えられないというか…」と苦戦した様子で、「私生活でああいう表情をつくることがないので、役者さんて凄いんだなあって改めて感じました」と尊敬の眼差しを向けていた。

 宇賀が出演するCMは15日よりfreee社は今月15日から3月15日まで確定申告を楽しくわかりやすく学べる参加型コンテンツ『確定申告モンスター by 確定申告FES 2021』をオンラインで開催する。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング