野村萬斎×三谷幸喜『死との約束』メインビジュアル完成 

オリコン

 狂言師の野村萬斎が主演する3月6日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『死との約束』(後9:00)のメインビジュアルが完成。原作・アガサ・クリスティー×脚本・三谷幸喜氏のコラボレーション第3弾で、『オリエント急行殺人事件』『黒井戸殺し』に続き、萬斎演じる名探偵・勝呂武尊を主人公とした今作。舞台となる熊野古道を背景に、勝呂がおなじみのポーズを取ったデザインとなっている。

【場面写真】我が家・坪倉も出演

 今作はアガサが1938年に発表した長編小説『死との約束』を実写化。舞台を“巡礼の道”として世界遺産にも登録されている熊野古道に、そして時代設定を昭和30年に置き換えて執筆された。三谷流の『死との約束』を作り上げ、キャストには、勝呂とは旧知の仲で、勝呂にとっての“運命の女”、婦人代議士・上杉穂波(うえすぎ・ほなみ)役に鈴木京香のほか、比嘉愛未、坪倉由幸(我が家)、長野里美、阿南健治らの出演が発表されている。

 さらに、事件の被害者で、家族を思いのままに支配しようとする本堂夫人役には、松坂慶子。本堂家の人々として山本耕史、シルビア・グラブ、市原隼人、堀田真由、原菜乃華も出演する。

 メインビジュアルでは、まるで神々が宿る迷宮のような森に、事件だけではなく、勝呂も迷い込んでしまっているかのようにも見えるデザイン。また“全員に動機がある”というだけに、勝呂以外のキャストは皆、目線を外し、その表情に笑顔はない。まさに、ミステリーの王道感をかもしだす一枚に仕上がっている。

 本堂家の税理士・十文字幸太役としてシリーズ初出演となる坪倉は出演にあたり「本当に率直に、びっくりしました。他のキャストの皆さんのお名前もうかがって、こんな豪華な方々の中に僕でいいのかな?というのが正直な感想です。映画『記憶にございません』で、ジャルジャルの後藤淳平君が出ていたり、芸人さんがたまに三谷作品に出られているとは思っていましたが、僕にオファーがくるとは思っていなかったので、驚きました。三谷さんの期待に応えられるのかどうか、すごく不安もありました」と率直な心境を明かす。

 「今までやったことのない役柄なので、是非違った僕を見ていただきたいなというのと、景色や豪華なセット、そして昭和の時代の昔ながらの良さもありますので、楽しんで見ていただけたらと思います」と呼びかけている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング