大谷亮平『キミセカ』撮了「もうちょっとみなさんと撮影を続けたかった」 衝撃的な死にSNS騒然

オリコン

 俳優の大谷亮平が、日本テレビ系連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(毎週日曜 後10:30)をクランクアップした。大谷が演じたのは警察官・本郷大樹。地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品である今作では、竹内涼真演じる主人公・響ら“放浪グループ”を率いるリーダー的存在を担っていたが、衝撃的な死を迎え、SNSを騒然とさせた。

【動画】竹内涼真&中条あやみ、“胸キュン必至”回想シーンまとめが公開

 本郷は、第2話のラストに助けを求めて向かった駐屯地で、自衛隊の銃弾に倒れてしまい、非業の最期を遂げる。第3話で響たちは本郷を失ったことによって、仲間割れも。いまだ謎を残す本郷の死に「まさかの展開」「本郷さんショック…」「なんで撃たれたの!? 本郷さん!」「本郷さんがいなくなるの不安…」と哀しみの声が寄せられた。

 一方、笑顔で竹内らメインキャストとともに集合写真に収まった大谷は「ゴーレムから逃げてはいるんですが、状況を一瞬忘れると本当にロードムービーを撮っているかのような旅する仲間たちのような感じで、とてもチームワークも良く、楽しみながら撮影に臨むことができました」と結束力の高い現場の様子を報告。「もうちょっとみなさんと撮影を続けたかったという名残惜しい思いもありますが、非常に充実した約2ヶ月間でした」と満足げに振り返っている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング