竈門“ガン”治郎?『鬼滅の刃』×ガンプラがまさかの融合「失敗してもめげずに仕上げた羽織の市松模様がポイント」

オリコン

 ガンプラモデラーのなかには、『ガンダム』と他のアニメ・漫画を組み合わせ独自の世界観を築き上げる人も多い。HOSHIKUN(@virtualistHOSHI)さんは、大流行中の漫画『鬼滅の刃』(集英社)の主人公・竈門炭治郎をガンプラで表現。市松模様の羽織など、特徴を捉えた作品を発表し、話題となった。なぜ『鬼滅の刃』と『ガンダム』を組み合わせようと思ったのだろうか、本人に話を聞いた。

【写真】市松模様が完璧に再現されている…こだわり抜いた竈門“ガン”治郎の羽織

■ガンプラを使って映画『鬼滅の刃』を応援できないかと考えた結果

――HOSHIKUNさんは、本格的にガンプラを作り始めてどのくらいですか?

【HOSHIKUN】本格的にガンプラを作り始めてから、8年で100体くらい制作してきました。作品は主にミキシング(手や足などのパーツを他のガンプラから持ってきてオリジナルの作品を作ること)した、オリジナルのものですが、アニメのキャラなどをモチーフにガンプラに落とし込むという趣旨のもと制作した“お遊び”のような作品をも作っています。
 これまでには、Vtuberの「キズナアイ」をモチーフにした「キズナアイズガンダム」や、ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場するりんごの精「りんごろう」をガンダム化させた「ストライクりんごろうガンダム」などを作ってきました。

――その流れのなかから生まれた『鬼滅の刃』の竈門炭治郎をモチーフにしたガンプラが話題になっていますが、そもそも、本作のアイデアはどのように思いついたのですか?

【HOSHIKUN】制作時は映画が上映される前でした。『鬼滅の刃』を、僕の得意なプラモデル制作で少しでも応援出来ないかと考え、ガンプラで竈門炭治郎モチーフのガンダムを作ろうと思ったのがきっかけです。作品名は「鬼殺アストレイ GBNフォース鬼殺隊所属仕様」です。

――ミキシングで制作されたんですね。主にどんなキットを使われたのですか?

【HOSHIKUN】「HGアストレイレッドフレーム」をベースに、「HGハイゼンスレイII」「HG百錬」「HG陸戦型ガンダム」ほか、多数のジャンクパーツを使用しています。

――「ガンダム」の物語には、ガンダムをはじめ数多くのモビルスーツが登場します。そんななか、本作のベースに「ガンダムアストレイ」を選ばれた理由は?

【HOSHIKUN】もともと「ガンダムアストレイ」は、日本刀に似た「ガーベラストレート」という実体剣を装備しています。『鬼滅の刃』の竈門炭治郎くんも「日輪刀」という日本刀を武器として持っているというのが大きな理由の一つです。
 さらに、「ガンダムアストレイ」にはさまざまなバリエーションが存在していて、特に本制作に使用した「レッドフレーム」は、劇中で搭乗パイロットのロウ・ギュールがよく改造しています。なので「ロウならこういう“はっちゃけた改造”をやるかもしれない」といったことを妄想し、このキットを選びました。

■大切なのは「精密さと根気」試練を乗り越えた作品

――制作するにあたり、背景には、どのような物語をイメージされまたのですか?

【HOSHIKUN】アニメ『ガンダムビルドダイバーズ』シリーズの舞台であるネットワークゲーム『ガンプラバトル・ネクサスオンライン』(GBN)内でもしも、鬼殺隊のフォース(チーム)があったならというif設定を基づいて制作しています。

――本機を見てみると、炭治郎の特徴である羽織の市松模様が実に精密に表現されています。制作には、大変な苦労とこだわりが詰まっているように思えます。

【HOSHIKUN】そうですね。特に苦労したポイントは、やはり機体全体に塗り分けした市松模様です。ラッカー塗装で緑色を塗った上からマスキングをして黒色を塗装するのですが、このマスキング作業ががとても大変でした。
 まずマスキングテープを正方形にカッターで切り、丁寧にパーツに貼り付けていくのですが、この時にしっかりと貼り合わせておかないと、上から塗装した時に綺麗な市松模様にならないのです。しかもマスキングが甘いと塗装がもれてしまい、塗装し直さないとけいなくなります。結論からいうと僕は1回失敗し、その晩はすべての作業を止めて、ふて寝しました(笑)。でも、竈門炭治郎の最大の特徴は、市松模様の羽織。これを再現しないことには炭治郎をモチーフにしたガンプラとは言えません。精密さと根気を要求される作業でしたが、ここはめげずに頑張って仕上げました。

――敵に挑む勇猛さが現れているように思えますが、ポージングにはどのようなこだわりがあるのでしょうか?

【HOSHIKUN】『鬼滅の刃』のアニメ劇中の炭治郎のアクションを参考にしました。炭治郎の豪快なアクションをイメージしたのですが、それが再現出来ているように見えればうれしいですね。

――制作後の反響はいかがでしたか?

【HOSHIKUN】普段プラモデルを作らない人からも、リプライで感想を貰えて嬉しかったですね。ツイートしたその日は通知が1日中鳴りっぱなしで凄かったです。モデラー仲間からも良い感想をたくさんいただきました。

――今後作ってみたい作品のイメージは?

【HOSHIKUN】『鬼滅の刃』をモチーフにした作品は、現状これだけですが、普段からさまざまなアイデアを考えています。今制作を検討しているモチーフは、『ウーバーイーツで配達するガンダム』を考えています(笑)。

――HOSHIKUNさまにとって「ガンプラ」とは?

【HOSHIKUN】僕にとってガンプラは、好きな表現を形に出来る個性的なマテリアル。これからも、「アイデアは大胆に、基本工作を丁寧に」を信念に“ガンプラ道”に邁進していきたいと思います。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング