白濱亜嵐、初の研修医役でドラマ主演「“俳優”としてどんどん前へ」

オリコン

 EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー、さらに昨年、PKCZ(R)に電撃加入して話題の白濱亜嵐が、4月期のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』(4月スタート、毎週土曜 後11:00〜11:30)で主演を務めることが明らかになった。研修医たちの青春群像劇で、主人公・雨野隆治を演じる。

【写真】『泣くな研修医』主演・白濱亜嵐の全身ショット

 白濱は、昨年、ドラマ『M 愛すべき人がいて』や、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』などの話題作に出演し、映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』と『10万分の1』では主演を務めるなど、俳優としても大活躍。今回、初の医師役でテレ朝ドラマで初主演をつかんだ。 

 『泣くな研修医』は、現役外科医の中山祐次郎氏が圧倒的なリアリティーで書きあげた同名小説(幻冬舎文庫)が原作。ドラマでは、原作に“青春群像劇”としての彩りを加え、“学生以上医師未満”の研修医たちの葛藤と成長を丁寧かつポップに描いていく。

 地方の大学医学部を卒業して上京し、都内総合病院の外科で研修することになった研修医の雨野を待っていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師や上司からただ怒られるばかりの毎日。だが、患者さんは待ったなしで押し寄せる。医師とはいえ、研修医はまだ知識もない、経験もない、まだ何者でもない――。傷ついた患者や、時に救えない患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながらも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描いていく。

 白濱は「『研修医』という言葉は知っていても、実際に医療の世界ではどういう立ち位置で、どういう役割なのかなど詳しくはわからなかったのですが、“俳優”としてどんどん前に進みたいと思っていたので、今回の挑戦はすごくうれしいです」と、新境地開拓に向けて意欲満々。

 医療現場での所作や医療用語など学ばなければならないことも多いが、「わからないことは率先して勉強するようにしています」と着々と準備中。さらに、「実はおじが外科医、おばが看護師なので、いろいろ話も聞きながら、これから積極的に役作りしていきたいと思います」と、心強い味方が身近にいることを明かした。

 そんな身近な存在に医療従事者がいる白濱は、この状況下で抱く思いも人一倍熱く、「この作品を通して、医療従事者の皆さまにも元気や日々の活力を与えられるようになれば」と語っていた。

 また今作では、学校を卒業して病院という新たな環境で奮闘する研修医たちの姿を描いていくだけに、新たな一歩を踏み出した若者たちにも通ずるものがあり、「多くの人にこのドラマを見て、今日も頑張ろう、明日も頑張ろう、と思ってもらえるような作品にできるように精いっぱい頑張ります!」と、この作品が若者をはじめ、多くの人へエールとなることを願い、 自らを奮い立たせていた。

 服部宣之プロデューサーは「役者としても今まさに葛藤と成長の過程にある白濱さんの強いまなざしから零れ落ちる涙は、この春一番のあたたかい涙となる…、そう信じて、楽しみでなりません」と、白濱への期待を語る。

 これまでの医療ドラマであまり描かれることがなかった、医師でありながら何もわからない研修医たちのリアルを描くと共に、現代の医療界が抱える問題もうつし出し、医療ドラマとしても見応えのある作品を目指しており、「25歳の研修医だからこそ、描くことが出来る“命”の現在と未来――。この物語は、4月から新しい生活を始める方々全てへのエールです。そして、この困難な時代に真摯に立ち向かう医療従事者の皆様へのエールとなることを目指して、キャスト・スタッフ一同、ドラマ作りに取り組んで参ります」と、宣言している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング