父になってもマイスタイルを貫く夫の“子どもに媚びた”行動にフォロワー爆笑

オリコン

 育児漫画家・まぼさんの夫は、砂や水で汚れるのもかまわず、好きなファッションで子どもと遊ぶこだわり派。しかしある日、スマホにキャラクターのシールが貼られたまぼさんのスマホに、公園の子どもたちが殺到。それを見て…どんな時も自身のスタイルを崩さない彼が衝撃の行動に出る。1.4万ものいいねがついた投稿の後日譚や、3歳になった息子さんの成長を、まぼさんに聞く。

【漫画】子どもとの公園遊びでもこだわりファッションで出かける“媚びない男”がある光景を目にしたことで一変する…

■思い切って貼った巨大メロンパンナ…子どもの興味の引き具合に落胆

――まぼさんの漫画には旦那さんもよく登場しますね。家族構成を教えてください。

【まぼ】育児にもついIT用語を絡めてしまうIT業界で働く父、地味なOLの母、ふいに大人のような発言をする3歳児息子の3人で暮らしています。

――旦那さんが媚びないスタイルを止めて、スマホに巨大なメロンパンナシールを貼った後は子どもたちから声がかかりましたか?

【まぼ】初日こそ喜んでおりましたが、2日目以降はただの景色に成り下がっておりました。子どもの興味って一瞬で引いてしまうことがよくわかりました。

――その後、巨大メロンパンナシールは…?

【まぼ】夫の方も見慣れてしまったようで、ビジネスシーンでも躊躇なくそのスマホを使っていたようです。

――投稿には毎回コメントがたくさんついていますね。反響への感想を教えてください。

【まぼ】ものすごく嬉しいです。自己満足で描いている漫画ですが、みなさん肯定的なコメントやDMをくださって、優しい世界だな…と毎度元気をもらっています。

――今回の投稿や、アンパンマンの私服を考えてイラストにした投稿は物凄く人気になりましたね! バズるコツがあるのでしょうか?

【まぼ】正直、どんなものがみなさんの心に響くのかはわかりません。「これはバズっちゃうよなぁ~」なんて、よこしまな気持ちで描いたものはスベることが多いです。「またくだらんものを描いてしまった…」という気持ちの時は、意外とたくさん読んでもらえることが多いです。

――日々のイラスト投稿でのマイルールはありますか?

【まぼ】内容に関しては、「将来息子が見て嫌な気持ちにならない」こと、「無関係な人を敵にしない」などを心がけています。

■息子の成長を見守る日々 最近驚いたひと言とは…

――3歳になった息子さん、今ハマっている遊びを教えてください。

【まぼ】ごっこ遊びやお絵かき、砂遊びなど。体を使って遊ぶよりも、自分の中にある世界を表現することが好きなようです。私も夫も幼少期、そんな感じでした。

――最近、成長を感じたことはありますか?

【まぼ】「ありがとう」「ごめんね」「好きだよ」と、他人のために使う言葉をたくさん覚えてくれていることに、3歳ながら社会性を感じました。最近驚いたのは「それは失礼しました」と息子に言われたことです(笑)。

――まるで大人のようですね! まぼさんが育児で大切にしていることは?

【まぼ】子どもの意見を聞く、肯定することでしょうか…。おしゃべりが2歳ごろから上手になってきたので、同じ家で暮らす1人のメンバーとして「あなたはどうしたい?」「それは良い考えだね」といったことを言葉にするようにしています。

――だからこそ、他人への優しい言葉が出るのかもしれませんね。

【まぼ】あとは、私がきちんと自分を大切にすること。「あなたのためにこんなに〇〇したのに!」という叫びは(たまに叫んじゃうけど)正直あまり子どもに響かないというか、脅しみたいになってしまうかなと思うので、きちんと自分の時間を大切にすることでバランスをとるようにしています。

――旦那さんはどうですか?

【まぼ】育児に関しては、正直夫の方がよく考えているので、その意見に習うことも多いです。

――投稿は楽しいものが多いですが、育児で悩んでいることはありますか?

【まぼ】0歳児育児の頃は日々悩み、出口のないトンネルを歩いているような状況でしたが、「悩んでも悩まなくてもわりと子ども、勝手に育ってるな…」と思うようになったのでこの1年位、育児の悩みはありません。

■息子のオタ活を全力で応援! アンパンマンの聖地巡礼が夢

――まぼさんが、今一番癒される時間を教えてください。

【まぼ】子どもの寝顔や喜ぶ姿を見ているときはすごく幸せです。あとは、特に趣味がないので漫画を描いているときが一番救われているような気持ちになります。

――ご家族で楽しんでいることは?

【まぼ】息子のオタ活(アンパンマン)を全力で応援することです。

――この先の、オタ活(アンパンマン)についての野望を教えてください。

【まぼ】コロナが落ち着いたら、やなせ先生(アンパンマン原作者)出生の地・高知に行きアンパンマン列車に乗り、『やなせたかし記念館』に行く! という聖地巡礼がしたいです。あとは神戸のホテルオークラにあるアンパンマンスイートルームに家族みんなで泊まることです。

――まぼさんの投稿を楽しみにしている方がたくさんいます。これからの目標がありましたら最後にお聞かせください。

【まぼ】今は息子の言動を漫画にすることが多いのですが、もっと自分のイラストの仕事が増えたらうれしいなと思っています。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング