内田真礼、ラップに挑戦で苦戦「なかなか成功できず、これは…大変だぞと(笑)」

オリコン

 漫画アプリ『マガポケ』(講談社)で連載中の『転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます』『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~』のコミックス第2巻が9日、同時発売された。

【動画】内田真礼がCV担当『第七王子』PV

 発売を記念して、『週刊少年マガジン』の公式YouTube「マガジンチャンネル」で、作品PVのロングバージョンが公開。キャラクターボイス(CV)は、人気声優・内田真礼が担当しており、2本同時収録にも関わらず、収録に許された時間はわずか90分で、『第七王子』ではまさかのラップに初挑戦する事態となった。

 内田は「2つのCMの声を担当させていただきました! 両作品とも、キャラクターが何人もでてくるもので、女性、男性、そして人以外も!というラインナップに、スタッフさんからもお褒め言葉が…! とてもうれしかったです! そして、演じ分けがとても楽しかったです!」と収録を振り返った。

 また「ですが…いやー、ラップの箇所は苦戦しました! 用意していただいたラップのお手本の紙を見ながら収録したのですが、『できた!!』と思っても若干ずれがあったりして、なかなか成功できず、これは…大変だぞと(笑)。しかも、掛け合いでのラップだったので、がんばりました! 私的、注目ポイントです! ぜひ、2つのCMをご覧くださいませ!」と呼びかけた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング