アニメ映画祭『TAAF2021』3月開催へ 『鬼滅の刃』セレクション上映決定で神回が劇場で

オリコン

 国際アニメーション映画祭『東京アニメアワードフェスティバル 2021』(TAAF2021)が、3月12日から15日までの4日間、東京・池袋で新型コロナウイルス感染症対策を徹底したうえで開催されることが決定した。また、昨年(TAAF2020)アニメオブザイヤー部門の作品賞テレビ部門を受賞した『鬼滅の刃』のセレクション上映されることが発表された。

【画像】お面を被る炭治郎…セレクション上映される『鬼滅の刃』第4話

 2021年で8回目の開催となる『TAAF』は、2002年に『東京国際アニメフェア』の一環として行われた『東京アニメアワード』を独立・発展させた国際アニメーション映画祭。「次世代のアニメーション制作を担う人材の発掘・育成等を行い、東京のアニメーション文化と産業の発展・振興を図ること」及び「東京の魅力を発信し、東京の観光振興に資すること」を目的としている。

 『東京がアニメーションのハブになる』を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図ること、クリエイターや観客に刺激と感動を提供すること、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信することを目指している。

 各アワードは「コンペティション部門」「アニメ オブ ザ イヤー部門」「アニメ功労部門」があり、昨年アニメオブザイヤー部門の作品賞テレビ部門を受賞した『鬼滅の刃』のセレクション上映が決定。第1話「残酷」、第4話「最終選別」、ファンから神回と呼ばれている第19話「ヒノカミ」の3話を劇場上映する。『鬼滅の刃』セレクション上映は、3月13日に新文芸坐で午後6時49分から、チケットは2月11日正午より販売がスタートし料金は1200円(当日券は200円増し)。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング