Travis Japan宮近海斗、WOWOWドラマ初出演 橋本環奈主演『インフルエンス』で“不良役”

オリコン

 ジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japanの宮近海斗が、3月20日からスタートする橋本環奈主演『連続ドラマW インフルエンス』(毎週土曜 後10:00~放送・配信、全5話※第1話無料放送)で同局初出演することが、わかった。吉川愛演じるメインキャラクター・日野里子の高校時代の恋人で、手に負えない学校イチの不良・緒方歩役に起用された。宮近は「不良の役をやりたいという願望は以前からどこかにあったのでとてもうれしく思いました。監督やスタッフさんと共に緒方を作っていけたらと思って臨んでいきます」と意気込みを語っている。

【写真】素肌にランジェリー…無防備なカットを披露した橋本環奈

 今作は女たちの焦燥と決意を描き、雑誌連載中から社会に満ちる見えない罪、絡まった謎、緻密な心理サスペンスが話題となった近藤史恵氏の同名小説(文春文庫)を、橋本主演で連続ドラマ化。友情が引き金となって3つの殺人事件を犯した女性3人の生涯を描く。

 主人公の読書好きで内気な高校生・戸塚友梨役に橋本 、両親の離婚を機に都会から転校し次第に友梨との友情を深めていく坂崎真帆役に葵わかな 、友梨と幼なじみだが劣悪な環境から不良になり疎遠となっている里子役を吉川が演じる。また3人の35年にわたる関係を紐解き、事件の真相に迫っていくキーパーソンの小説家・トモミには鈴木保奈美を迎える。

 このほど、橋本、葵、吉川らメインキャストによるポスターが解禁され、大塚寧々、白洲迅らオールキャストも発表。トモミの元に、「自分たちが犯した3つの殺人事件について小説を書いてほしい」と訪れる“友梨”と名乗る謎めいた女性を大塚、事件を追う刑事で、大学卒業後に東京で働き出した友梨と惹かれ合い、恋仲になる夏目俊哉役に白洲がそれぞれ演じる。

 解禁されたポスターは、友梨たちが暮らしていた団地をイメージした閉ざされた空間の中で、それぞれが心の中に明かせない秘密を抱えているような3人の物憂げな表情が印象的。美しさと切なさが同居するビジュアルに仕上がっており『彼女の罪は、私の罪』というキャッチコピーからも、これから展開していくドラマを予感させる仕上がりになっている。

■キャストコメント
<大塚寧々>
私達は普段固い地面の上に立っていますが、彼女達は過去の行いによってまるで蟻地獄の砂の上にいるように足元からサラサラと崩れて地中に埋もれてしまうような場所で生きています。
不安感と焦燥感。
毎日毎日何をしていても心の奥にザラザラした物を感じながら不安定さと向き合う日々人の心の動きの繊細さや感情が、複雑に絡み合い思わぬ方向に大きく流れていく。そんな中でも必死に生きていく彼女たちの姿は多くの人の心に響くと思います。

<白洲迅>
彼女たち3人が、最後どんな表情で、どんな場所に向かうのか。逸る気持ちで読ませていただきました。僕が演じる夏目は、主人公である友梨に恋心を抱く人物です。それと同時に、友梨が絡んでいるかもしれない事件を追っている刑事でもあります。
恋心を抱きながらも、彼女の周りの人間、もしくは彼女自身を疑わなければいけない状況に、とても葛藤し苦悩します。恋愛面と、事件を探る刑事。両方の意味で、物語に緊張感を与える存在になれたらと思います。

<宮近海斗/Travis Japan>
緒方歩役を演じさせていただきます宮近海斗 です。このお話をいただいた時にまずWOWOWさんの作品に自分がこの人生で出演することがあるなんて思ってもいませんでしたので驚いたのち喜びました。そして台本を読ませていただいた時は少女たちが犯した3つの殺人、その絡まった紐が物語が進むにつれて解けていく様にドキドキヒヤヒヤしながらページをめくっていました。描かれる現代と過去どちらにも深まる謎と解っていく事、映像の完成が楽しみです。

自分が演じる緒方という役は、学校1の不良で暴力を振るう事にためらいがなくどこか怖い人で日野里子さんとよく一緒にいる人でした。作品内でより緒方歩のキャラクターがきっと伝わると思います。不良の役をやりたいという願望は以前からどこかにあったのでとてもうれしく思いました。監督やスタッフさんと共に緒方を作っていけたらと思って臨んでいきます。ぜひお見逃しなく! 自分もインフルエンスがどんな映像作品になるのか楽しみに待っています。共に放送を待ちましょう!

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング