「生まれてはいけなかった…」毒親に心理的虐待を受けた漫画家語る“絶縁”の必要性「自分の人生は自分で選んでいい」

オリコン

 両親から理不尽な扱いを受け続け、心理的虐待により追い詰められた著者の北瀬ユズさんが、両親との「絶縁」を選択するまでに至った経緯を描いた実録漫画『毒親絶縁日記』。「感情移入して胸が締め付けられる想いでした」「もっと世の中に知れ渡って欲しい」とInstagramでの投稿が話題になりこのほど書籍化された。幼少期を始め、心理的虐待を受け続けたことで閉鎖病棟に入院したこともある北瀬さんが、当時の状況や絶縁に至るまでの出来事を明かしてくれた。

【漫画】「産むんじゃなかった…」社会人になっても続く母親の壮絶な心理的虐待で閉鎖病棟に入院したことも…

◆常に母が「正解」で私が「不正解」だった

――漫画をInstagramで投稿するようになったきかっけは?

【北瀬ユズ】 前々から自分の経験を描いてみたいと思っていましたが、3年弱ほど漫画の形にできずにいました。そんな時に夫から誕生日プレゼントでトレース台を貰ったことがきっかけになり、描き始めました。

――子どもの頃は、ご両親に対してどのように思っていましたか?

【北瀬ユズ】 当時は、その環境が自分にとっては普通だったので、むしろ自分が両親の力になりたいと思っていました。頼られることが嬉しくて、ひたすらに良い子を演じていた気がします。

――幼少期は、「住む家がある、食事も摂れている、学校にも行ける、暴力を毎日受けているわけでもない。だから私は恵まれている」と思い込んでいたとのことですが。

【北瀬ユズ】 両親をとても大切だと思っていたことは間違いありませんが、どちらかというとニュースで目にするような虐待を受けている子どもの環境と比べれば、自分が両親に対して感じているモヤモヤなど小さいものに違いないという感じでした。

――当時、辛いと感じたことはありますか?

【北瀬ユズ】 常に母が「正解」で私が「不正解」だと決めつけ理不尽に怒られていたことです。父や母方の祖母も傍観しているだけという、家族のなかで味方が誰もいない状況が、今思えば辛かったです。

――高校生になり家庭に対して少し違和感を感じ始めたとのことですが?

【北瀬ユズ】 「自分の家庭が変かも?」とは思い始めたものの、具体的に何が違うのかがわかるほど視野が広くはなかったので、当時あまり深くは考えていませんでした。友人から家族の話を聞いた時も、複雑な家庭環境の友人もいたため、両親がいる自分は恵まれているのだと感じていました。

――「なぜ私だけ…」「どうして私の親が…」と思ったことはなかったのでしょうか?

【北瀬ユズ】 特に高校受験や高校卒業後の進路選択の時は、普通に自分の希望する進路を選べる同級生が羨ましくて仕方なかったです。就職や結婚後も常にそういった思いは心の中にあった気がします。

◆バイト代を全て取られ…でも自分が虐待を受けているとは思えなかった

――高校生になっても生活費ももらえない日々を過ごしていました。当時、どのような状況だったのでしょうか?

【北瀬ユズ】 母は「お金貸して」が口癖になり、バイト代も全て取られるのが当たり前という状況でした。不満に思いつつも、“母の役に立っている自分”を嬉しく思う気持ちもあり、共依存にどっぷり浸かっていたなと思います。

――高校卒業後、公務員になり家を出ました。その後も母親から金銭を要求されたとのことですが。

【北瀬ユズ】 とても忙しくて仕事自体は体力的に大変なこともありましたが、上司や先輩が優しい方ばかりだったので、「もっと成長したい」「頑張りたい」と思える職場でした。そのため、母が頻繁に職場にも電話をしてくるようになりました。業務に支障をきたすようになったことで、自分の存在が職場に迷惑をかけているという事実がとても苦しかったです。

――漫画では、「生まれてきてはいけなかった」と思ったことも描かれています。

【北瀬ユズ】 「あんたなんて産むんじゃなかった。あんたが生まれたせいで私の人生が台無しよ」と言われた時、全身の体温が一気に下がって、目の前が真っ暗になったような感覚でした。私を睨みながら泣き叫ぶ母に対して謝ることしかできず、私の存在自体が母にとっては「不正解」だったのだと思い知らされました。

――就職5年目でうつ病と診断され休職。食事を受け付けなくなり、閉鎖病棟に入院したことで初めて心理的虐待を受けていたことを知り、どのように感じましたか?

【北瀬ユズ】 自分が受けていたことが虐待だとは全く思っていなかったので、かなり驚きました。だから子どもとしての親への情と罪悪感で自分の考えが大きく変わったきっかけになったと思います。「自分が悪いわけではなかった」「悲しかった」「辛かった」と思えたことで、両親との関係を少し客観的に見られるようになっていきました。

――結婚後も続く金銭の要求に「親御さんを選んで僕と離婚する?」という旦那さんのひと言で、親との「絶縁」を選択されました。容易な決断ではなかったと思いますが、どのような状況だったのでしょうか?

【北瀬ユズ】 自分でも両親との関係を断つべきだと感じてはいましたが、子どもとしての親への情と罪悪感でずっと煮え切らない状態でした。そんな私をそばで見ていた夫が、私が絶縁を決断できるように、そして罪悪感を抱かないように“二択”という形で提示してくれたことで、きっぱりと「絶縁」を選ぶことができました。自分でそう決めた後は何となくスッキリした気分でした。

◆旦那の言葉がきっかけで絶縁、後ろ向きだった自分が、少し前向きになれた

――旦那さんとの心に残っているエピソードはありますか?

【北瀬ユズ】 長い間、過去の思い出や親との関係に囚われすぎて、未来に目を向けるようなことは少なかったのですが、夫から「今の家族は僕なんだから、これからは僕と一緒に楽しく過ごすことを考えよう」という言葉をかけてもらった時に、目の前が明るく開いたように感じました。ずっと後ろ向きだった自分が、少し前向きになれるきっかけになりました。

――義理のご両親にも助けられたとのことですが、心に残っている言葉はありますか?

【北瀬ユズ】 「あなたは私たちの娘同然だよ」という言葉を聞いた時には、涙がこぼれました。また、親との連絡を絶ちたいと相談に行った際に、「今までよく頑張ったね」と受け入れてくれたことが何より嬉しかったです。

――子どもの頃を振り返り今思うことはありますか?

【北瀬ユズ】 子ども時代にしかできない、そして感じられないことをあまり経験できず、早く大人になろうと頑張りすぎていたのかなと思います。当時はそれが普通のことだったので気づきませんでしたが、大人になった今、過去の自分を振り返ると「子どもっぽくないなぁ」と感じます。

――ご自身の体験を本書を描くことで、読者にどのようなことを伝えたいですか?

【北瀬ユズ】 自分の経験をただ「こんなエピソードがありました」「そしてこういう結末になりました」と描くのではなく、親を純粋に信じていた幼少期から大人になって絶縁を決断するまでの気持ちの変化を通して“自分が何を伝えたいか”を考えながら描きました。家族と和解する、少し距離を置く、完全に縁を断つなど、いろいろ選択肢があるなかで、現実的に自分が望む道を選ぶことが難しい方も少なくないと思います。それでも「自分の人生は自分で選んでいいんだよ」「頑張りすぎないで」ということを伝えることができて、ほんの少しでも良い方向に何かが変わるきっかけになれたらとても嬉しいです。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング