馬場が王手 近畿地区選手権 【三国】

友好紙

 三国ボートのG1「第64回近畿地区選手権」は12日、優勝戦を迎える。準優12Rでインから人気に応えた馬場貴也が1号艇を手にし、自身初となる近畿チャンピオンの座へ王手をかけた。10Rを逃げ切った今垣光太郎は、地元G1のタイトルは譲れない意地がある。11Rを3コースまくりで制した吉川元浩も4度目の近畿ダービー制覇に気合が入る。なお準優11Rで2着に入った吉田俊彦は待機行動違反で賞典除外となり、3着の北村征嗣が繰り上がった。大会優勝者にはSGクラシック(3月・福岡)の出場権利が与えられる。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング