『ワタナベNo.1決定戦』ゼンモンキーが優勝 四千頭身との激闘制す

オリコン

 大手芸能事務所・ワタナベエンターテインメントの所属芸人を中心とする総勢339組640人の中から頂点を決める『お笑いABEMA CUP ワタナベNo.1決定戦 2021』の決勝が15日、都内で行われ、お笑いトリオ・ゼンモンキーが優勝に輝き、優勝賞金100万円と、AbemaTV冠番組の権利を獲得した。

【写真】最終決戦で激闘を演じた四千頭身

 決勝では、出場者11組が3ブロックに分かれ、Aブロックで新作のハーモニカ、Gパンパンダ、ゼンモンキー、Bブロックで土佐兄弟、金の国、リンダカラー、ファイヤーサンダー、Cブロックで四千頭身、Aマッソ、アントワネットが対戦。

 その後、各ブロックで1位となったゼンモンキー、ファイヤーサンダー、四千頭身の3組が激突。最終審査では、ファイヤーサンダーが1票、四千頭身が2票、ゼンモンキーが3票を獲得する大接戦を演じた。

 結成1年目で“王者”の称号を獲得したゼンモンキー。大会後にリモート取材に応じたヤザキは「優勝できるとは思ってなかった。ベタになりますけど、本当にうれしいです」と喜びを爆発。相方二人から「コイツのおかげです」と感謝の言葉を受けたネタ担当の萩野将太朗は「むちゃくちゃ頑張りました。でも才能はないです(笑)」と初々しくはにかんでいた。

 一夜にして注目度が高まった3人だが「ここからがスタート」と改めて気を引き締めると、今後の目標として「キングオブコント優勝です!」とぶち上げていた。

 大会MCはハライチが担当し、審査員は同事務所の先輩芸人・ふかわりょう、アンガールズ田中卓志をはじめ、スチールヘッド・小松純也氏、テレビ朝日・加地倫三氏、テレビ東京・佐久間宣行氏らが務めた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング