吉田羊&國村隼が親子役で共演 ”独身のカリスマ“ジェーン・スーをドラマ化

オリコン

 テレビ東京の金曜深夜の代名詞「ドラマ24」。4月クールは、”独身のカリスマ“ことジェーン・スー氏の著書を原作とする『生きるとか死ぬとか父親とか』(4月9日スタート、毎週金曜 深0:12~0:52※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12~0:52)が放送される。愛嬌はあるが自由奔放な父と、それに振り回される中年の娘のおもしろ可笑(おか)しくて、ときどき切ない家族の愛憎物語。ジェーン・スー自身をモデルにした主人公を吉田羊、70代の父親役を國村隼が演じる。

【写真】独身女性のカリスマジェーン・スー氏

 ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集めるジェーン・スー氏が、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。主人公・蒲原トキコは20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也がたった一人の肉親。愛嬌はあるが破天荒な70代の父、独身で勝気な40半ばの娘。ひとたび顔を合わせればギクシャクし一度は絶縁寸前までいった二人だが、今では時々外食しながら話をする関係になっている。

 そんなある日、トキコは父についてのエッセイを連載することになった。ネタ集めのため父に会うたびいろいろな家族の思い出を聞く。しかしそれは楽しい記憶ばかりではない。母との出会い、全財産の喪失、そして他の女性の影…。普遍にして特別な娘と父の愛憎と家族の表裏を描く。

 さらに見どころとして、主人公がパーソナリティを務めるラジオ番組の「お悩み相談のコーナー」を劇中で再現。自身のラジオ番組でのお悩み相談コーナーが大人気のジェーン・スー氏は、まさに「人生相談の名手」。今作のラジオシーンのせりふはすべてジェーン・スー氏による監修のもとで制作される。夫婦関係や友人関係、SNS社会や見た目の悩みまで、さまざまなお悩みをキレ味のよい言葉でスパッと解決する。

 本作の主人公で、劇中での人気ラジオ番組『トッキーとひと時』でパーソナリティーを務めるトッキーさんこと、娘・蒲原トキコ役の吉田は「言葉豊かで聡明なジェーン・スーさんを、私のようなものが演じさせて頂いていいものかと正直尻込みしました。けれど、読ませて頂いた原作と脚本がとても素敵で、何より、スーさんとお父様がとっても可愛くて、この親子の魅力を、私を通じて皆さまにお伝え出来たらと、願うような気持ちでお引き受け致しました」と、コメント。

 國村とは9年ぶりの共演となるが、「不思議なもので、親子を演じていると似てきて、同じタイミングで空を見上げたり、ため息をついたり、口元を拭ったり…今回、密度の濃い撮影のため、日一日と互いの円が重なっていくのが面白いです。その重なりを求めたスーさんの思いを、我々親子が演じることで素敵に表現出来たらいいなと願っています」と、手応えを語っている。

 また、「トキコを演じながらも、私自身の人生を生きている感覚」を味わっているという吉田は「スーさんは書くことで、私は演じることで、皆さんは視ることで、それぞれの家族と向き合い、何かしらのヒントが見つかれば幸いです。家族、友人、恋人、仕事…日々私たちを悩ませるあれこれに響くスーさんの正直で的確な言葉たちに、そしてこの親子の《小さな一大事》に、ぜひ会いに来てください。ふっと心が軽くなりますよ。どうぞお楽しみに」と、視聴者に呼びかけていた。

■原作:ジェーン・スー氏のコメント
 父と私の、ごく私的な日常が映像になるなんて! 父にとっても私にとっても、身に余る光栄です。ドラマ化にあたり、創作していただいたフィクション部分も大変気に入っています。そして、まさか吉田羊さんにジェーン・スーを演じていただけるとは。「ジェーン・スーを美しく修正すると吉田羊さんになる」と友人から言われたことがあり、恐縮ながら嬉しい気持ちでいっぱいです。國村隼さんに父を演じていただけること、天国の母も喜んでいると思います。大人になり、親との関係の紡ぎなおしを考え始めたみなさんに楽しんでいただけたら光栄です。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング