阪神の秋山、変化球試し及第点

共同通信

 阪神の秋山は16日、沖縄県宜野座村での楽天との練習試合に先発。いきなり本塁打を浴びたものの、変化球を試しながら3回を1点に抑え「2球投げミスした以外はよかった」と自身に及第点をつけた。

 失投を悔やんだのは、一回に左越えの一発を喫した先頭打者の辰己との対戦だけ。その後は「直球と見分けがつかないように」と、あえて曲がりを小さくしたという「改良中」のカットボールなどで立て直し、テンポよく打者を仕留めた。

 投内連係では若手に助言する場面も見られ、矢野監督は「自分が投げて勝つだけじゃない、という意識がすごい」と、投手陣を引っ張る姿勢に目を細めた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング