崎山つばさ×鈴木愛理、和田雅成×ハシヤスメ・アツコ 読テレ新ドラマ枠に旬の若手キャスト

オリコン

 今春、読売テレビに新たに設けられたドラマ枠「ドラマDELI」。この期間限定の枠で3月5日より、1話15分の2つのドラマを4週にわたって放送することが決定した。和田雅成とハシヤスメ・アツコ(BiSH)が共演する『ボクとツチノ娘(こ)の1ヶ月』、そして崎山つばさと鈴木愛理が共演する『140字の恋』が放送される。

【写真】『ボクとツチノ娘の1ヶ月』メインビジュアル

 『ボクとツチノ娘の1ヶ月』は、話題の2.5次元俳優・和田と、“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバー・ハシヤスメ、テレビドラマ初主演の2人で送る「世界初!イケメン俳優とツチノコ人間のW主演ドラマ」。突然1億円の借金を背負うことになった主人公ボク(和田)がYouTuberになれば返済できると思い立ち、見よう見まねで配信するも視聴者はゼロ。やり切れず日本酒を取り出そうと押し入れを開けると、そこには人間の女性の顔をしたツチノコ人間「ツチノ娘」(ハシヤスメ)が。ツチノ娘を利用し視聴者数を稼ごうとするボク。するとツチノ娘は意外な人気を見せ始め…というストーリー。

 和田は「ご飯を食べながら観られるストーリーです。すごくポップでそれでいてほっこり出来る。関西弁でツッコミ気質、等身大の自分に近いことと、“ボク”は起きている出来事に対して素直に向き合う人物なんだなという印象です」と作品と役についてコメント。

 また、“世界初(?)”のツチノコ人間役に挑むハシヤスメは「世界初というのが、この作品で作り出せたのは光栄です!」と喜び「ドラマ内でツチノ娘がスルメを食べるシーンがあるのですが実際のツチノコもスルメが大好物らしく、スルメをむしゃむしゃ食べてるツチノコを想像したら可愛いらしいですよね(笑)」と役の魅力を伝えている。

 一方、『140字の恋』は、今作がラブストーリー初主演となる崎山と元℃-ute・鈴木で送る、現実と空想世界が交差する謎だらけのラブストーリー。事故により車いす生活を余儀なくされた粒谷脩平(崎山)は、Twitterの“1ツイート”=“140字”という制限の中でつづられる「140字小説」に魅了されていた。ただ読むだけでなく、作品をもとにしてリアルな空想を繰り広げ、そんな粒屋の空想に登場するのはいつも同じ、粒谷自身ともう一人、”ツイッターの彼女”と名付けた女(鈴木)だった。そんなある日、新しく引っ越してきたという隣人が粒谷のもとに挨拶にやってくる。目の前に現れた辻糸華と名乗る彼女は、まさに空想上の人物だと思っていた“彼女”だった。徐々に親しくなる二人だったが、糸華は粒谷に対して大きな秘密を抱えていた…。

 崎山は「現実と想像が交錯して物語が幾重にも広がっていく、文字制限140字とは思えない程のいいね80万級のドラマです。粒谷脩平は想像の世界ではかなり楽しげな人物で、物語によってキャラは変わりますがきっと現実の粒谷の願望も入ってたりすると思うので、かなり面白い脳を持った男なんだと感じました」と出来栄えに手応え十分。

 共演の鈴木も「2人芝居でありながら、登場人物はたくさん出てくるような面白いドラマです。クスッと笑えるところからホロリと涙してしまうようなところまである時間になると思いますが、全ての物語は140字のストーリーから展開されていると考えるとさらに面白いです。1秒たりとも見逃さぬよう、楽しんで観ていただけたらと思います」と視聴を呼びかけている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング