「性差別からセクハラに」と報道

共同通信

 【ソウル共同】東京五輪・パラリンピック組織委員会が橋本聖子氏を新会長に選出したことについて、韓国の聯合ニュースは18日、橋本氏がフィギュアスケート男子の高橋大輔選手にキスを強要した問題を伝えながら、組織委トップの交代を「性差別からセクハラへ」との見出しで報じた。

 聯合は橋本氏選出を巡る混乱が続く見通しだとした上で、収まらない場合は東京五輪の開催準備にも支障が出ることが予想されると分析した。

 韓国紙、中央日報もキス強要問題に触れながら「高橋選手は当時『強制ではなかった』としたが、優越的な地位を利用した事実上の性暴力だとの批判が強かった」と伝えた。

PR

フィギュアスケート アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング