シルビア・グラブ、三谷幸喜の“直オファー”で出演 野村萬斎の特徴的な声「勉強になりました」

オリコン

 狂言師の野村萬斎が主演する、3月6日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『死との約束』(後9:00)。脚本を手がける三谷幸喜氏の作品では常連のシルビア・グラブは、事件の根幹に関わる本堂家のひとりで、山本耕史演じる本堂礼一郎(ほんどう・れいいちろう)の妻・本堂凪子(ほんどう・なぎこ)役を務めるが「三谷さんから、まず連絡がきて『来月、何やってる?』って(笑)。まさか、呼んでいただけるとは思っていなかったのですが、スケジュールの調整もついて出演できてよかったです」と出演までの経緯を明かした。

【場面写真】我が家・坪倉も出演

 今作はアガサが1938年に発表した長編小説『死との約束』を実写化。舞台を“巡礼の道”として世界遺産にも登録されている熊野古道に、そして時代設定を昭和30年に置き換えて執筆された。萬斎は名探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)を演じ、シルビア演じる凪子は、夫の態度を好ましく思わず、本堂家に対しての距離の取り方も、気をつかいながら微妙なバランスを保つ役どころとなっている。

 シルビアが、三谷氏の脚本や自身の役どころについてコメントを寄せた。

――台本の感想
三谷さんはコメディー色が強いものをよく書かれているのですが、はじめに台本を読んだ時は、実はコメディー色はあまり感じられなかったんです。ちょっと珍しいなと思ったんですけれど、演じてみるとやっぱり面白い。個々のキャラクターもきちんと立っていて、すべてわかった上で書かれている台本だと思いました。

――今回の役を演じるにあたって
今回のキャラクターがわりとおさえめな印象なので、舞台でのお芝居のような大きい表情や動きをしないように、かなり努力しました(笑)。普段の動きの大きい明るいシルビアでやってはダメなんだろうなと思って。多分今まであまり見たことのないキャラクターにしたいんだろうなということをメッセージとして受け取りました。

――実際に演じられての感想。
すごく楽しんで演じさせていただきましたが、どう映っているのか、放送がすごく楽しみです。ドラマはシーンの順番に撮らないこともあるので、特に“凪子”というキャラクターについてはどう仕上がっているのだろうか、まったく想像がつかないです。萬斎さんとは初めての共演でしたが、お声に特徴があるので、その声の響きを間近で聞けたことはすごく勉強になりました。そしてあのすごいせりふ量のシーンに、その場にいられることもすごく幸せでした。
本堂家は、山本さんがムードメーカーになっていたので、和気あいあいと現場の空気が明るくなっていました。松坂さんもおだやかで。あまり映像の現場を経験していないので、はじめは少し不安を感じましたが、最初からみなさんが話しかけてくださったので、ちょっとホッとしました。舞台の稽古くらい濃厚な時間を過ごすことができました。

――視聴者へのメッセージ
脚本も素晴らしいし、演者も素晴らしいし、監督の演出も素晴らしいので、演じていてすごく楽しかったですし、それは絶対伝わると思います。また、ロケ場所の美しさやセットの世界観もいざなってくれたので演じる側としてはすごく助かりました。サスペンスの中にもコメディーの要素があって、それをわかっているスタッフ・キャストのみなさんが作り上げている作品、絶対に面白いと思います。ぜひ、ご覧くださいね!

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング